授業コード 50017404 クラス 04
科目名 環境ゼミナールa 単位数 2
担当者 下村 英嗣 履修期 前期授業
カリキュラム *下表参考 配当年次 *下表参考

授業題目 環境問題と環境法
授業の概要  環境問題やその解決策を調べれば法律にあたる。このゼミでは、ゼミ生が自ら選んだテーマにどのような環境法(法律、条例、条約など)がかかわるか、そして環境紛争解決、裁判例などを学習する。合わせて、環境法関連の文献収集・資料収集の方法を学ぶ。
 このゼミは、論文の執筆およびその完成を目指す専門ゼミナールbの前提となる。したがって、論文の執筆および完成に必要な知識の習得、内容の徹底的な理解に努めることとする。
 前期終了時に研究計画書および論文の構成または目次を提出してもらう。
学習の到達目標 論文の目次が完成できること
授業計画 第1回 ガイダンス、報告順の決定
第2回 各報告者による研究テーマの決定、発表、質疑応答
第3回 各報告者による研究テーマの決定、発表、質疑応答
第4回 各報告者による研究テーマの決定、発表、質疑応答
第5回 各報告者による研究テーマの決定、発表、質疑応答
第6回 各報告者による研究テーマの決定、発表、質疑応答
第7回 各報告者による研究テーマの決定、発表、質疑応答
第8回 各報告者による研究テーマの決定、発表、質疑応答
第9回 各報告者による研究テーマの決定、発表、質疑応答
第10回 各報告者による研究テーマの決定、発表、質疑応答
第11回 参考文献、参考資料の収集方法(図書館)
第12回 研究計画書の作成①
第13回 研究計画書の作成②
第14回 研究計画書の作成③
第15回 まとめと後期に向けての課題の確認
授業外学習の課題 ○授業の空き時間等を利用して、図書館に通い、資料収集に努めること。
○毎日、新聞を読むこと。
○ゼミでの発表後は、フロアからの質問、教員の指導指摘を考慮して、論文の構成を再考すること。
履修上の注意事項 自律、自己管理、自己責任を常に心がけること

【この科目は、地域イノベーションコース(2014年度以降生)対象科目にもなっています。】
成績評価の方法・基準 発表報告25%、研究計画書および目次50%、授業への取り組み25%によって総合的に評価する。
テキスト 特に指定しないが、適宜紹介・配布する。
参考文献 特に指定しないが、適宜紹介・配布する。
主な関連科目 環境事例入門、環境法入門、環境法、国際環境法
オフィスアワー及び
質問・相談への対応
随時

■カリキュラム情報
所属 ナンバリングコード 適用入学年度 配当年次
人間環境学部人間環境学科(ゼミナール科目) 2011~2016 3
人間環境学部人間環境学科(ゼミナール科目) FHES37101 2017~2017 3