授業コード 50017002 クラス 02
科目名 環境プロジェクト演習a 単位数 2
担当者 豊澄 智己 他 履修期 年間授業
カリキュラム *下表参考 配当年次 *下表参考

授業題目 中山間地域の課題発見(農業・林業)
授業の概要 中山間地域を農業および林業の側面から理論的かつ実践的に学ぶ。

日程は4月6日のガイダンス時に決定する。授業計画の日付は仮に設定しておく。
学習の到達目標 中山間地域の現状が理解ができるようになること。
授業計画 第1回 1回目 ガイダンス、役割分担他(豊澄4/6)
第2回 2・3回目 農業の基礎(豊澄4/13 4・5時限目)
第3回 4回目 圃場管理(豊澄4/20)
第4回 5回目 圃場管理(豊澄5/18)
第5回 6回目 圃場管理(豊澄6/15)
第6回 7・8回目 圃場実習(食)(西村7/13 4・5時限目)
第7回 9・10回目【フィールドワーク①】中山間地域調査実践1(福田7/16 3・4時限目)
※7月8日 お昼休みに打ち合わせを行う
第8回 11・12回目【フィールドワーク②】中山間地域調査実践2(福田7/17 1・2時限目)
第9回 13回目【フィールドワーク③】中山間地域調査実践3(福田7/17 3時限目)
第10回 14回目 調査結果のディスカッション(中間とりまとめ)(豊澄7/20 4時限目)
15回目 圃場実習(豊澄7/20 5時限目)
第11回 16・17回目 圃場管理(豊澄9/14 4・5時限目)
18・19回目 圃場管理(豊澄10/12 4・5時限目)
 ※フィールドワーク④の打ち合わせをおこなう。
第12回 20回目 【フィールドワーク④】中山間地域調査実践4(豊澄 10/15or22 1・2時限目)
 ※林業家らとともに、植林活動他を実施する。
第13回 21・22回目 圃場管理(豊澄11/9 4・5時限目)
第14回 23・24回目 圃場管理(豊澄11/16 4・5時限目)
第15回 25回目 成果発表の準備・個別発表会(豊澄 1/11)
26回目 全体報告会(豊澄 1/18)
授業外学習の課題 講義毎に課す課題を必ず実行すると共に、次回以降の講義内容について予習をすること。
履修上の注意事項 7月16―17日に山口県周南市の中山間地域を訪問・滞在するので、交通費・宿泊費用として合計1・5万程度必要。
川活動を実施補助する際に、学校で準備しているウエットスーツやダイビングブーツなどを安全確保のために利用する。
学内の圃場を利用する。苗や肥料などは学校の経費で賄うが、7・8回目の実習の際に食費他として500円程度必要。


【この科目は、地域イノベーションコース(2014年度以降生)対象科目にもなっています。】
【この科目は、地域イノベーションコース(2014年度以降生)のPBL科目です。】
成績評価の方法・基準 実習・レポート50%、最終成果レポート・発表50%
※実習に参加していない場合の、実習レポート提出は不可
テキスト 利用しない。
参考文献 NHK「趣味の園芸 やさいの時間」毎月21日発売。
最高!薪&ロケットストーブ (現代農業特選シリーズ DVDでもっとわかる))
木質資源とことん活用読本: 薪、チップ、ペレットで燃料、冷暖房、発電
「村」の集落ビジネス-中山間地域の「自立」と「産業化」
主な関連科目 環境マインド実習(圃場)、環境ビジネス論
オフィスアワー及び
質問・相談への対応
授業終了後以外にも必要な際に随時相談すること。

■カリキュラム情報
所属 ナンバリングコード 適用入学年度 配当年次
人間環境学部人間環境学科(ゼミナール科目) 2011~2016 2
人間環境学部人間環境学科(ゼミナール科目) FHES27101 2017~2017 2