授業コード 50017001 クラス 01
科目名 環境プロジェクト演習a 単位数 2
担当者 佐々木 緑 履修期 年間授業
カリキュラム *下表参考 配当年次 *下表参考

授業題目 地理学演習~広島市中心市街地の土地利用の変遷をたどる~
Seminar on Geography -Land use change in the center of Hiroshima-
授業の概要  本授業では,身近な地域におけるフィールドワークの実践および,文献調査を通じて,その地域的特徴を自然環境,経済,社会,文化の多面的視野から多角的に分析する力を養う。具体的には,広島市横川駅周辺における土地利用調査を実施し,現在と過去との土地利用変化とその理由を,聞き取り調査などから分析する。さらに,グループでそれらをまとめて発表し,地域理解を深める。

 本授業は通年で15回であり,スケジュールは以下のとおりである。また,第6,7回目は広島市中心市街地で現地調査を行うが,そこまでの交通費は学生の実費負担(現地集合・現地解散)となるため,留意してほしい。

第1回目は4/6
第2回目は6/8
第3回目は6/22
第4回目は7/6
第5回目は7/20
第6回目は9/11
第7回目は9/12
第8回目は9/14
第9回目は9/21
第10回目は9/28
第11回目は10/5
第12回目は10/12
第13回目は10/19
第14回目は10/26
第15回目は1/18
学習の到達目標 フィールドワークの基礎を学び,聞き取り調査の能力,地域を分析する力を養う。また,プレゼン能力を養う。
授業計画 第1回 1.ガイダンス
第2回 2.地域調査とは何か
第3回 3.地域調査計画
第4回 4.都市計画図・住宅地図の入手方法・利用方法
第5回 5.土地利用調査の準備,文献調査後の発表
第6回 6.市街地のジェネラルサーベイ・現在の土地利用調査・聞き取り調査(野外)
第7回 7.現在の土地利用調査・聞き取り調査(野外)
第8回 8.調査のまとめ・土地利用図の清書①
第9回 9.調査のまとめ・土地利用図の清書②
第10回 10.調査のまとめ・土地利用図の清書③
第11回 11.過去の土地利用図の清書①
第12回 12.過去の土地利用図の清書②
第13回 13.過去の土地利用との比較考察
第14回 14.グループごとの発表会
第15回 15.全体での公開発表(他演習と共同)
授業外学習の課題 各グループにて授業内で補えない部分の追加調査や土地利用調査のまとめを,授業時間までに行ってくる。
履修上の注意事項 調査する地域までの交通費は実費負担。
土地利用調査には必ず参加すること。

【この科目は、地域イノベーションコース(2014年度以降生)対象科目にもなっています。】
【この科目は、地域イノベーションコース(2014年度以降生)のPBL科目です。】
成績評価の方法・基準 ゼミでの積極性・姿勢・発言(20%),文献調査発表(30%),グループごとの発表(50%)を総合して評価する。
テキスト なし
参考文献 梶田 真・仁平尊明・加藤政洋編(2007)『地域調査ことはじめ』ナカニシヤ出版.
地理学評論,人文地理,東北地理,地理科学などの学術雑誌
主な関連科目 環境地理学,環境ゼミナール,卒業研究
オフィスアワー及び
質問・相談への対応
随時,受け付ける。

■カリキュラム情報
所属 ナンバリングコード 適用入学年度 配当年次
人間環境学部人間環境学科(ゼミナール科目) 2011~2016 2
人間環境学部人間環境学科(ゼミナール科目) FHES27101 2017~2017 2