授業コード 50016100 クラス
科目名 食料環境システム論 単位数 2
担当者 佐々木 緑 履修期 後期授業
カリキュラム *下表参考 配当年次 *下表参考

授業題目 食料環境システム論
Food and Environmental System
授業の概要  本講義では,川上から川下に至る農と食の流れにおける環境問題をシステムとして捉え、その影響や対応策を経済・社会システムを考慮しながら物事を総合的に模索する力を養う。具体的には,世界のフードビジネスからフードシステムとフードレジームを展望し,世界の食料生産と消費の構造を理解する。そして,そこに潜む問題点と背景を理解する。このように,マクロな視点から食と農について学ぶ。また,ミクロな視点としては,都市の構造変化から生まれるフードデザート問題について学ぶ。
 本講義は,基幹科目Ⅱであり,「環境と農林水産業」を履修していることが本授業を受講する条件となってる。これまでに学修した内容や本講義で取り上げる内容を踏まえ,問題解決に向けて主体的に考え,相手に提案する(伝える)姿勢を育むことを意識している。
学習の到達目標 ◆フードシステムの考え方を修得する。
◆農と食に関わる問題について、経済・社会システムを考慮して現実的な対応策を考えることができる。
授業計画 第1回 以下の予定で進めるが,状況によって時間配分を変更することがある。
1.講義ガイダンス
第2回 2.フードシステムとは何か,フードレジーム論(1)
第3回 3.フードレジーム論(2)
第4回 4.フードレジーム論(3)
第5回 5.農業生産の現状
第6回 6.食品加工メーカーの原料調達
第7回 7.穀物メジャーと農業生産
第8回 8.食料生産のアンバランス(1)
第9回 9.食料生産のアンバランス(2)
第10回 10.大規模農業とその弊害
第11回 11.家庭環境の変化と食の変化(1)
第12回 12.家庭環境の変化と食の変化(2)
第13回 13.フードデザート問題(1)
第14回 14.フードデザート問題(2)
第15回 15.フードデザート問題(3)
授業外学習の課題  事前・事後に以下の文献に目を通しておくと授業への理解が深まる。

①高柳長直(2006)『フードシステムの空間構造論』筑波書房.
②高橋正郎監修(2001)『フードシステムの構造変化と農漁業』農林統計協会.
③マリオン・ネスル(2005)『フード・ポリティクス』新曜社.
④茅野信之(2006)『アメリカの穀物輸出と穀物メジャーの発展』中央大学出版部.
⑤岩間信之編『フードデザート問題-無縁社会が生む「食の砂漠」-』農林統計協会.
履修上の注意事項 授業ごとに出席確認を兼ねた簡単なリアクションペーパーを書いてもらう。
成績評価の方法・基準 リアクションペーパー10%、期末試験90%で評価する。
テキスト 教科書は指定しない。講義ごとに資料を配布する。
参考文献 各講義で適宜,参考文献をあげていく。
主な関連科目 環境と農林水産業,廃棄物資源循環論,環境地理学
オフィスアワー及び
質問・相談への対応
授業終了後,質問を受け付ける。

■カリキュラム情報
所属 ナンバリングコード 適用入学年度 配当年次
人間環境学部人間環境学科(基幹科目Ⅱ環境社会系) 2011~2016 3・4
人間環境学部人間環境学科(基幹科目Ⅱ環境社会系) FHES35205 2017~2017 3・4