授業コード 50015900 クラス
科目名 環境コミュニケーション論 単位数 2
担当者 松川 太一 履修期 前期授業
カリキュラム *下表参考 配当年次 *下表参考

授業題目 環境コミュニケーション論 Environmental Communication
授業の概要 現在の環境や科学技術が直面している問題の多くは、専門家の科学的知識だけでは答えが出ない「トランスサイエンス」という特徴をもっている。だから、現在の環境や科学技術が直面している問題に関して社会や市民の価値観をふまえたコミュニケーションが求められている点については、履修前提科目である「環境コミュニケーション入門」の授業で学んだ。

この授業では、現在の環境や科学技術が直面している問題についてさらに知識をふかめるために、受講者どうしで環境や科学技術に関する「トランスサイエンス」なテーマについてディスカッションをおこない、そのディスカッションの結果についてプレゼンテーションをおこなう。

また、簡単に答えが出ないテーマについてのディスカッションやプレゼンテーションに関するトレーニングを通じて、受講者自身が問題解決のための話し合いに必要な「伝える力、聴く力、問う力」といったコミュニケーション能力を身につけることもめざす。
学習の到達目標 1 現在の環境や科学技術が直面している問題について、「トランスサイエンス」という論点から説明することができる。

2 トランスサイエンスをはじめとする簡単に答えが出ないテーマについてディスカッションする際の基本的な方法について説明することができる。

3 トランスサイエンスをはじめとする簡単に答えが出ないテーマについてのディスカッションやプレゼンテーションに必要なコミュニケーション能力について、受講者自身が修正すべき点に気づき、その能力を向上させることができる。
授業計画 第1回 ガイダンス
第2回 ディスカッションに必要なコミュニケーション能力
第3回 簡単に答えが出ないテーマについてのディスカッション(1)
第4回 簡単に答えが出ないテーマについてのディスカッション(2)
第5回 簡単に答えが出ないテーマについてのディスカッション(3)
第6回 中間プレゼンテーションに向けて
第7回 中間プレゼンテーション
第8回 第1回から第7回ふりかえり(確認テストと解説を含む)
第9回 科学技術に関する専門家と市民
第10回 簡単に答えが出ないテーマについてのディスカッション(4)
第11回 簡単に答えが出ないテーマについてのディスカッション(5)
第12回 簡単に答えが出ないテーマについてのディスカッション(6)
第13回 最終プレゼンテーションに向けて
第14回 最終プレゼンテーション
第15回 第10回から第14回ふりかえり(確認テストと解説を含む)
授業外学習の課題 ・ディスカッションのテーマについての調査やプレゼンテーション資料の作成など、授業外の時間にも学習が必要である。
・ノート等を熟読して復習をすること。
・授業内容に関連する課題が出された時は取り組むこと。
・日常的に新聞記事やインターネット等から環境問題や科学技術をめぐる問題について情報を入手し、その情報を授業内容と関連づけて考える習慣を身につけてください。
履修上の注意事項 【履修前提科目】この科目を履修するためには、履修前提科目である「環境コミュニケーション入門」を履修しておくことが必要なので注意すること。

この授業は、いわゆる座学ではなく、受講者自身がコミュニケーション能力を身につけるためにディスカッションやプレゼンテーションに取り組むワークショップ形式が中心となっているので注意すること。

【この科目は、地域イノベーションコース(2014年度以降生)対象科目にもなっています】
成績評価の方法・基準 授業内で実施する2度の確認テスト(50%)、ディスカッションやプレゼンテーションをはじめとする授業への取り組み(30%)、課題提出(20%)を総合的に評価する。
ただし、受講者数により成績評価の方法・基準を変更する場合がある。
テキスト 倉島保美(2015)『論理が伝わる世界標準の「議論の技術」──Win-Winへと導く5つの技法』講談社(ブルーバックス,ISBN:9784062579148)900円+税.
参考文献 随時、授業に関連した文献を紹介する。
主な関連科目 【履修前提科目】環境コミュニケーション入門
オフィスアワー及び
質問・相談への対応
授業中、授業終了後、オフィスアワー(曜日・時間は教員データベースに記載)の時間を活用してください。
上記以外で対応が必要な場合は事前に連絡してください。

■カリキュラム情報
所属 ナンバリングコード 適用入学年度 配当年次
人間環境学部人間環境学科(基幹科目Ⅱ環境社会系) 2011~2016 3・4
人間環境学部人間環境学科(基幹科目Ⅱ環境社会系) FHES35203 2017~2017 3・4