授業コード 50015600 クラス
科目名 環境会計論 単位数 2
担当者 岩田 裕樹 履修期 後期授業
カリキュラム *下表参考 配当年次 *下表参考

授業題目 環境会計 Environmental Accounting
授業の概要 本講義では,企業と環境問題の関わり(ミクロ)、1国の経済と環境問題の関わり(マクロ)について会計という側面からの議論を紹介する。
ミクロの視点からの環境会計に関しては企業活動における環境問題への取り組みについて、現在企業が実施している環境会計の手法、事例を紹介し、それらを通じて、企業の環境負荷の測定、環境問題への取り組みの効果、外部への情報開示という問題を分析する。
マクロ環境会計に関しては、GDPの計算と環境問題の関わり、持続可能性について会計の視点から講義を行う。
学習の到達目標 企業が実施する環境会計に関する様々な手法の内容を理解できること、1国レベルでの経済と環境の関係を会計的視点から理解できるようになること.
授業計画 第1回 ガイダンス
第2回 環境問題と企業の関わり
第3回 環境管理会計①概論
第4回 環境管理会計②各論
第5回 マテリアルフローコスト会計①概論
第6回 マテリアルフローコスト会計②各論
第7回 ライフサイクルアセスメント、ライフサイクルコスティング
第8回 外部環境会計
第9回 環境情報開示と環境報告書
第10回 資本市場と環境問題
第11回 GDPと環境会計①概論
第12回 GDPと環境会計②各論
第13回 持続可能性と環境会計①概論
第14回 持続可能性と環境会計②各論
第15回 第15回 まとめ
(履修者の理解に応じて進度は調整するので,計画が前後したり,一部を省略することもある。)
授業外学習の課題 講義のミクロ環境会計部分(第2回~10回)は、國部克彦・伊坪徳宏・水口剛『環境経営・会計』(第2版),有斐閣アルマに基づいて行う。また、全回を通じて、担当者作成の資料を使用する。予習・復習を行うことが重要である。
履修上の注意事項 講義内容には連続性があるので、欠席をせずに参加すること。なお、必須ではないが経営学、マクロ経済学の基礎的知識があることが望ましい。
人間環境学部の受講生は前提科目に留意すること。
成績評価の方法・基準 定期試験80%、受講態度(小テスト、課題提出を含む)20%を目安に総合評価する。
テキスト 國部克彦・伊坪徳宏・水口剛『環境経営・会計』有斐閣アルマ、2012年。
講義において資料を適宜配布。
参考文献 関連文献は適宜、授業中において指摘する。
主な関連科目
オフィスアワー及び
質問・相談への対応
質問・相談は、基本的に授業終了時に受け付ける。
研究室での相談にも応じるが、その際は事前に連絡して下さい。

■カリキュラム情報
所属 ナンバリングコード 適用入学年度 配当年次
商学部商学科(E群) 2011~2016 2・3・4
商学部経営学科(B群) 2011~2016 2・3・4
人間環境学部人間環境学科(基幹科目Ⅱ環境政策マネジメント系) 2011~2016 3・4
人間環境学部人間環境学科(基幹科目Ⅱ環境政策マネジメント系) FHES35104 2017~2017 3・4