授業コード 50015200 クラス
科目名 環境と農林水産業 単位数 2
担当者 佐々木 緑 履修期 前期授業
カリキュラム *下表参考 配当年次 *下表参考

授業題目 環境と農林水産業
Studies on Environment-Agriculture, Forestry and Fisheries Relations
授業の概要  第一次産業に関わる基礎的概念や用語を学習するとともに,食料供給の源である農業,林業,水産業が営まれる環境について学び,生きていく上で不可欠な食料生産と自然生態系との結びつきを理解する。また,そこで生じている主要な環境問題について取り上げ,その原因と影響を世界経済や国際情勢といったマクロな視点から理解する。
 具体的には,農業を中心に,世界の自然環境と農業生産の特徴,日本農業の現状と食料貿易構造,日本の農村の維持,日本をめぐる食料貿易の国際動向,農林水産業における環境問題などを取り上げる予定である。
 本講義は基幹科目Ⅰであり,授業「食料環境システム論」の履修前提科目となっている。
学習の到達目標 ◆農業・林業・漁業のそれぞれと環境との密接な関係が理解できる。
◆食料生産の場としてだけでなく、生活の場としての農山漁村の環境を理解できる。
◆第一次産業において生じている環境問題を消費者の動向や経済、国際情勢を考慮して幅広い視野から考えることができる。
授業計画 第1回 以下の予定で進めるが,状況によって時間配分を変更することがある。
1.ガイダンス
第2回 2.世界の農業形態
第3回 3.日本の食料生産の現状(1)食料自給率など
第4回 4.日本の食料生産の現状(2)農業政策
第5回 5.日本の食料生産の現状(3)環境保全型農業,植物工場
第6回 6.日本の食料貿易とそれをめぐる問題(1)輸出入の特徴
第7回 7.日本の食料貿易とそれをめぐる問題(2)TPP,世界の農業における水の問題
第8回 8.大量生産のしくみ:GM作物や農業システム
第9回 9.地産地消と食文化(1)
第10回 10.地産地消と食文化(2)
第11回 11.世界の環境問題から林業を考える:熱帯林の現状
第12回 12.世界の環境問題から漁業を考える(1)動向全般
第13回 13.世界の環境問題から漁業を考える(2)ナイルパーチ
第14回 14.日本の農山村の現状(1)
第15回 15.日本の農村の現状(2)
授業外学習の課題 事前・事後に以下の文献に目を通しておくと授業への理解が深まる。
特に,日本の第一次産業の概論を知る上で,白書は良い資料となろう。
①農林水産省(2011)『食料・農業・農村白書』農林水産省.
②農林水産省(2011)『森林・林業白書』農林水産省.
③農林水産省(2011)『水産白書』農林水産省.

その他専門書については,授業の中でそれぞれ紹介する。
履修上の注意事項 私語厳禁。

【この科目は、地域イノベーションコース(2014年度以降生)対象科目にもなっています。】
成績評価の方法・基準 リアクションペーパー(10%)、レポート(10%)、期末試験(80%)で評価する。
テキスト 教科書は指定しない。講義ごとに資料を配布する。
参考文献 各講義で適宜,参考文献をあげていく。
主な関連科目 食料環境システム論,廃棄物資源循環論,環境地理学,民族と環境
オフィスアワー及び
質問・相談への対応
毎回,授業終了後に受け付ける。

■カリキュラム情報
所属 ナンバリングコード 適用入学年度 配当年次
人間環境学部人間環境学科(基幹科目Ⅰ) 2011~2016 2・3・4
人間環境学部人間環境学科(基幹科目Ⅰ) FHES24113 2017~2017 2・3・4