授業コード 50015000 クラス
科目名 環境教育概論 単位数 2
担当者 西村 仁志 履修期 前期授業
カリキュラム *下表参考 配当年次 *下表参考

授業題目 環境教育概論 Introduction to Environmental Education
授業の概要  「環境教育」は知識や教養の習得に終始することなく、環境とそれにかかわる問題へのセンスやマインドを身につけ、「持続可能な社会づくり」への参加と行動をもとめる新しい教育実践である。この授業では環境教育のさまざまな実践現場について取り上げ、その全体像について紹介する。またこの講義の受講を通じて一人ひとりが「人・自然・社会をつなぎ直す」人間となることを願っている。
学習の到達目標 「環境教育」とは何かを理解し、またその教育実践について具体的に示し、それらの意義について論じることができるようになること。
授業計画 第1回 イントロダグション
第2回 環境教育とは何か(目的・歴史・射程・理念)
第3回 自然体験活動と環境教育
第4回 「環境にやさしく、環境から学ぶ旅 エコツーリズム」について
第5回 家庭生活と環境教育 グリーンコンシューマーになろう①
第6回 家庭生活と環境教育 グリーンコンシューマーになろう②
第7回 まちづくりと環境教育 こどもの環境まちづくり参画
第8回 ドイツのまちづくりから考える環境教育
第9回 「自然学校」における教育実践
第10回 公害地域再生と環境教育
第11回 幼児期における環境教育 里山保育・「森のようちえん」
第12回 学校教育における環境教育
第13回 東日本大震災後の環境教育
第14回 持続可能な社会をめざすESDの理念と具体的展開
第15回 まとめ
授業外学習の課題 参考文献として挙げているものについて、購読をすすめること。
履修上の注意事項 毎回、終了時に小レポートを課します。
成績評価の方法・基準 各回の小レポート(30%)+期末レポート(70%)から評価する。
テキスト 教科書は指定しない。講義資料は指定のWEBサーバよりダウンロードすること。
参考文献 降旗信一・高橋正弘編著「現代環境教育入門」(筑波書房)
水山光春編著「よくわかる環境教育」(ミネルヴァ書房)
井上有一・今村光章編著「環境教育学ー社会的公正と存在の豊かさを求めて」(法律文化社)
今村光章編著「環境教育学の基礎理論: 再評価と新機軸」(法律文化社)
左巻健男ほか編著「地球環境の教科書10講」(東京書籍)
レイチェル・カーソン著「センス・オブ・ワンダー」(新潮社)
杦本育生著「グリーンコンシューマー―世界をエコにする買い物のススメ」(昭和堂)
日本環境教育学会編「環境教育」(教育出版)
日本環境教育フォーラム編著「日本型環境教育の提案」(小学館)
日本環境教育フォーラム編著「日本型環境教育の知恵」(小学館クリエイティブ)
阿部治・野田研一編著「あなたの暮らしが世界を変えるー持続可能な未来がわかる絵本」(山と渓谷社)
その他、授業時にも指示する。
主な関連科目 環境社会系特殊講義(環境教育プランニング)
オフィスアワー及び
質問・相談への対応
授業終了後に直接、もしくは担当者宛メールにて。

■カリキュラム情報
所属 ナンバリングコード 適用入学年度 配当年次
人間環境学部人間環境学科(基幹科目Ⅰ) 2011~2016 2・3・4
人間環境学部人間環境学科(基幹科目Ⅰ) FHES24110 2017~2017 2・3・4