授業コード 50014800 クラス
科目名 循環型社会政策論 単位数 2
担当者 長谷川 弘 他 履修期 後期授業
カリキュラム *下表参考 配当年次 *下表参考

授業題目 循環型社会政策論
授業の概要  本講義は、大量廃棄社会から循環型社会へとパラダイムシフトが転換しつつある中で、中央政府および自治体において行なわれている循環型社会づくりの動向を解説する。また、リサイクルとライフサイクルアセスメント及び循環型社会形成政策とPRについても解説を行う。さらに講義の終盤では、開発途上国における廃棄物政策や、「核のゴミ」問題についても概説する。
学習の到達目標 1.循環型社会形成の理論および動向を理解できるようになる。
2.開発途上国の廃棄物問題及び動向を理解できるようになる。
授業計画 第1回 イントロダクション:講義概要(辻本)(9/25)
第2回 循環型社会とは(辻本)(10/2)
第3回 3R・循環型社会構築にむけた動きやライフスタイル(辻本)(10/9)
第4回 日本における循環型社会形成政策 その1(辻本)(10/16)
第5回 日本における循環型社会形成政策 その2(辻本)(10/23)
第6回 有害廃棄物の発生と管理(辻本)(10/30)
第7回 広島市における循環型社会形成のための政策
(三浦・ゲストスピーカー)(11/6)
第8回 廿日市における循環型社会形成のための政策
(三浦・ゲストスピーカー)(11/13)
第9回 リサイクルとライフサイクルアセスメント(三浦)(11/20)
第10回 循環型社会形成政策と広報(三浦)(11/27)
第11回 循環型社会づくりにおける環境社会配慮(長谷川)(12/4)
第12回 循環型社会づくりにおける環境アセスメント(長谷川)(12/11)
第13回 ベトナムの廃棄物管理計画での環境社会配慮事例(長谷川)(12/18)
第14回 インドネシアの循環型社会政策と貧困対策(長谷川)(12/25)
第15回 「核のゴミ」問題:日本と欧米の状況(長谷川)(1/15)
授業外学習の課題 ・毎回の授業のための事前配布資料を予習し、疑問点を整理しておくこと。
・授業時間中に小テストを行うので、毎回の授業内容を十分な時間をかけて復習しておく必要がある。
・授業時間中にレポートの課題を出すので、しっかりレポートを書くこと。
履修上の注意事項 講義内容の理解度を把握するために小テストを行うので、毎回出席することが重要である。

【この科目は、地域イノベーションコース(2014年度以降生)対象科目にもなっています。】
成績評価の方法・基準 小テスト(35%)、課題レポート(65%)で評価する。
テキスト 使用しない。必要に応じてプリントを配布する。
参考文献 3R・低炭素社会検定実行委員会編(2014)「3R低炭素社会検定 公式テキスト 第2版」ミネルヴァ書房
細田衛士(2008)「資源循環型社会:制度設計と政策展望」慶応義塾大学出版会
植田和弘・喜多川進監修(2001)「循環型社会ハンドバック:日本の現状と課題」有斐閣
主な関連科目 廃棄物資源循環論、資源経済学、環境経済学、環境とライフスタイル、環境アセスメント
オフィスアワー及び
質問・相談への対応
1.授業中の質問はいつでも受け付けますし、質問時間も設けます。
2.授業終了後にも簡単な質問は受け付けます。
3.緊急の連絡・問い合わせなどは,hasegawa@alpha.shudo-u.ac.jpに連絡ください。

■カリキュラム情報
所属 ナンバリングコード 適用入学年度 配当年次
人間環境学部人間環境学科(基幹科目Ⅰ) 2011~2016 2・3・4
人間環境学部人間環境学科(基幹科目Ⅰ) FHES24104 2017~2017 2・3・4