授業コード 50014200 クラス
科目名 環境コミュニケーション入門 単位数 2
担当者 松川 太一 履修期 後期授業
カリキュラム *下表参考 配当年次 *下表参考

授業題目 環境コミュニケーション入門 Introduction to Environmental Communication
授業の概要 持続可能な社会を形成するには、人びとのあいだで異なる環境に対する価値観を調整し社会的合意形成へつなげる環境コミュニケーションが必要である。この授業では、異なる価値観をもつ人びとが共有できる価値や目標をみつけて交渉や合意形成をおこなう際の基本的な考え方について学ぶ。

また、環境や科学技術分野で実施されている社会的合意形成の取り組みから、環境分野の社会的合意形成において市民参加型コミュニケーションが求めれている点についても学ぶ。
学習の到達目標 1 交渉や合意形成をおこなう際の基本的な考え方について説明できる。
2 環境や科学技術分野で実施されている市民参加型コミュニケーションについて説明できる。
3 授業で学んだことを、実際の環境問題をはじめとする社会問題と関連づけて考えることができる。
授業計画 第1回 ガイダンス
第2回 交渉とは何か(1)
第3回 交渉とは何か(2)
第4回 交渉のための実践的方法論(1):BATNA
第5回 交渉のための実践的方法論(2):ZOPA
第6回 交渉のための実践的方法論(3):交渉マトリックス
第7回 社会的責任ある交渉の進め方
第8回 第2回から第7回のふりかえり(確認テストと解説を含む)
第9回 一対一から他者間交渉へ
第10回 社会的な合意形成とは(1)
第11回 社会的な合意形成とは(2)
第12回 交渉による社会的合意形成の課題(1)
第13回 交渉による社会的合意形成の課題(2)
第14回 交渉による社会的合意形成の課題(3)
第15回 第9回から第14回のふりかえり(確認テストと解説を含む)、授業アンケート
授業外学習の課題 ・テキストの該当章やノート等を熟読して予習と復習をすること。
・授業内容に関連する課題が出された時は取り組むこと。
・日常的に新聞記事やインターネット等から環境問題について情報を入手し、その情報を授業内容と関連づけて考える習慣を身につけること。
履修上の注意事項 質問や意見の表明など、受講者の積極的な姿勢を歓迎する。
受講態度が悪い時は退出を命じることがある。

【この科目は、地域イノベーションコース(2014年度以降生)対象科目にもなっています。】

【この科目は、グローバルコース(2014年度以降生)対象科目にもなっています。※ただし、一部の学部・学科では配当されていない場合があります。】
成績評価の方法・基準 授業内で実施する2度の確認テスト(80%)、授業への取り組み(20%)を総合的に評価する。
ただし、受講者数により成績評価の方法・基準を変更する場合がある。
テキスト 松浦正浩(2010年)『実践! 交渉学』筑摩書房(ちくま新書, ISBN:9784480065421)780円+税.
参考文献 随時、授業に関連した文献を紹介する。
主な関連科目 環境コミュニケーション論、環境社会調査
オフィスアワー及び
質問・相談への対応
授業中、授業終了後、オフィスアワー(曜日・時間は教員データベースに記載)の時間を活用してください。
上記以外で対応が必要な場合は事前に連絡してください。

■カリキュラム情報
所属 ナンバリングコード 適用入学年度 配当年次
人間環境学部人間環境学科(基礎科目) 2011~2016 1・2・3
人間環境学部人間環境学科(基礎科目) FHES13109 2017~2017 1・2・3