授業コード 50014000 クラス
科目名 会計学入門 単位数 2
担当者 和田 恒久 履修期 前期授業
カリキュラム *下表参考 配当年次 *下表参考

授業題目 簿記・会計の基礎 Introduction to Bookkeeping and Accounting
授業の概要 会計学入門は,人間環境学部の専門科目である環境監査論やエコマネジメント論の履修にあたって必要となる会計学の基礎を学ぶ科目である。会計学は企業を分析するためのもっとも一般的なツールで,財務会計と管理会計に大別できる。会計学入門は,財務会計の領域を中心とし,会計責任の概念や財務諸表の読み方,会計システムとしての複式簿記を学ぶ。
学習の到達目標 会計学のバックグラウンドをおおまかに理解しつつ,おおむね日本商工会議所が主催する簿記検定試験(日商簿記検定試験)4級に合格できる程度。
授業計画 第1回 ガイダンス
第2回 簿記の基礎概念
第3回 取引と勘定
第4回 仕訳と転記
第5回 仕訳帳と総勘定元帳
第6回 復習(第2回~第5回)問題練習
第7回 現金預金取引
第8回 商品売買取引(分記法・三分法)
第9回 信用取引の記帳(掛け取引,その他の債権・債務)
第10回 固定資産と減価償却
第11回 純資産(資本),収益と費用
第12回 試算表と精算表
第13回 決算と財務諸表の作成
第14回 復習(第7回~第13回)問題練習
第15回 講義のまとめ
授業外学習の課題 授業前に指定したテキストの該当箇所(事前に示す)を熟読し,十分予習しておくこと。
また,宿題提出や小テスト等を随時行うので,十分復習しておくこと。
履修上の注意事項 講義内容には連続性があるので,欠席をせずに参加すること。欠席をすれば,講義についてこられなくなることを覚悟してほしい。また,練習問題にチャレンジしてもらうので,電卓を常に持参すること。

履修者の理解度に応じて進度は調整するので,計画が前後したり,一部を追加・省略することもある。
成績評価の方法・基準 定期試験70%,小テスト等の平常点30%によって総合的に判断する。
テキスト 加古宣士・片山覚 監修『段階式日商簿記4級商業簿記』税務経理協会.修大生協。
参考文献 必要に応じて紹介する。
主な関連科目 エコマネジメント論
オフィスアワー及び
質問・相談への対応
質問・相談は,基本的に授業終了時に受け付ける。

■カリキュラム情報
所属 ナンバリングコード 適用入学年度 配当年次
人間環境学部人間環境学科(基礎科目) 2011~2016 1・2・3
人間環境学部人間環境学科(基礎科目) FHES13107 2017~2017 1・2・3