授業コード 50013500 クラス
科目名 日本語運用論 単位数 2
担当者 中園 篤典 履修期 前期授業
カリキュラム *下表参考 配当年次 *下表参考

授業題目 現代日本語の文字・表記
授業の概要 この授業では、日本語の総合的な運用能力を測る6つの領域(敬語、文法、語彙、言葉の意味、漢字、表記)の中から、「語彙」「表記」を選び、以下のテーマで講義します。
授業計画は、以下の通りです。
※ただし、学生の理解度によって変更の可能性があります。
(1)適切な仮名遣い(歴史的仮名遣いとの対照)
(2)適切な語彙の使い分け(日本語史の視点)
(3)適切な仮名の送り方(国文法による規範)
 (1)については、現代仮名遣いの表記(五十音図、四つ仮名)、(2)については、語構成と語種(和語・漢語)、(3)については、口語動詞(活用の見分け方)について講義します。
学習の到達目標 (1)正書法についての知識を身につけ,母国語を分析できるようになる。
(2)母国語の歴史に関心を持ち,規範的な態度を身につける。
授業計画 第1回  授業概要
第2回 現代仮名遣い①(拍、音節)
第3回 現代仮名遣い②(直音・拗音の表記)
第4回 現代仮名遣い③(撥音・促音の表記)
第5回 現代仮名遣い④(長音の表記)
第6回 現代仮名遣い⑤(四つ仮名)
第7回 中間まとめ
第8回 中間レポートの解説
第9回 語構成①(複合語)
第10回 語構成②(連濁の原則)
第11回 語構成③(連濁の変則)
第12回 送り仮名①(五段活用、一段活用)
第13回 送り仮名②(現代仮名遣いの原則)
第14回 送り仮名③(現代仮名遣いの変則)
第15回 まとめ
授業外学習の課題 第1回~第6回については、参考図書(※表記)の該当個所を読むこと。
第9回~第11回については、参考図書(※語構成)の該当個所を読むこと。
第12回~第14回については、参考図書(※国文法)の該当個所を読むこと。
履修上の注意事項 出席を重視するため、授業ごとに理解確認を兼ねた簡単なリアクションペーパーを課す。
成績評価の方法・基準 (1)ワーク10%
(2)中間レポート20%
(3)提出物10%
(4)試験60%
※欠席の多い学生は,試験結果に関わらずDとします。
テキスト レジュメ(要点を整理したプリント)を配布
参考文献 ※表記
白石良夫『かなづかい入門』平凡社新書、2008年
三省堂編修所『新しい国語表記ハンドブック』、2005年
※語構成
金田一春彦『日本語の特質』NHKブックス、1991年
真田信治『よくわかる日本語史』アルク、1999年
※国文法
永山勇『国文法の基礎』洛陽社、2001年
小西甚一『国文法ちかみち』洛陽社、1959年
主な関連科目 日本語学、総合教養講義(現代日本語の特質)
オフィスアワー及び
質問・相談への対応
質問等は,随時受け付けます。

■カリキュラム情報
所属 ナンバリングコード 適用入学年度 配当年次
人文学部英語英文学科(関連科目) 2011~2016 2・3・4
人間環境学部人間環境学科(リテラシー形成科目) 2011~2016 1・2・3・4
人間環境学部人間環境学科(リテラシー形成科目) FHES12108 2017~2017 1・2・3・4