授業コード 50013300 クラス
科目名 統計学入門 単位数 2
担当者 西田 信男 履修期 後期授業
カリキュラム *下表参考 配当年次 *下表参考

授業題目 統計学入門 (Introduction to Statistics)
授業の概要 この授業では統計学の基礎を学習する。世の中には様々なデータが存在するが、数字の羅列だけではデータの意味する事柄を解釈・考察することは難しい。それを可能にすることが、統計学の一つの役割である。
授業内容は、(1)データの性質を明らかにする記述統計と(2)標本から母集団の性質を推定する推測統計、の基礎を理解することである。授業の中では身近な例を紹介し、理論を理解するための助けとする。
学習の到達目標 (1)統計学の基礎を修得する。
(2)社会で使用されている統計データの意味を理解し、その解釈を行えるようになる。
授業計画 第1回 第1回:授業ガイダンス
第2回 第2回:データの記述(1)
第3回 第3回:データの記述(2)
第4回 第4回:相関(1)
第5回 第5回:相関(2)
第6回 第6回:確率(1)
第7回 第7回:確率(2)
第8回 第8回:中間試験とその解説
第9回 第9回:確率変数と確率分布(1)
第10回 第10回:確率変数と確率分布(2)
第11回 第11回:主要な確率分布
第12回 第12回:母数の推定(1)
第13回 第13回:母数の推定(2)
第14回 第14回:仮説検定
第15回 第15回:全体のまとめ
授業外学習の課題 授業外での学習は復習を中心に行うとよい。授業で紹介した内容を土台として新しい議論が進められる。毎回の授業内容をきちんと理解すること。
履修上の注意事項 授業では統計学の考え方の解説が中心で、例題は扱うが練習問題を解く時間はない。練習問題は自分で解くこと。
成績評価の方法・基準 中間試験(30%)、期末試験(50%)、レポート等(20%)による。
テキスト 青柳雅計(1976)『基礎統計学』開成出版
参考文献 藪友良(2012)『入門 実践する統計学』東洋経済新報社
主な関連科目 環境社会調査
オフィスアワー及び
質問・相談への対応
授業終了後に、質問・相談を受け付ける。まとまった時間が必要な場合は個別に対応するので、その都度相談するとよい。

■カリキュラム情報
所属 ナンバリングコード 適用入学年度 配当年次
人間環境学部人間環境学科(リテラシー形成科目) 2011~2016 1・2・3・4
人間環境学部人間環境学科(リテラシー形成科目) FHES12106 2017~2017 1・2・3・4