授業コード 50013200 クラス
科目名 自然をみるb 単位数 1
担当者 中野 進 履修期 前期授業
カリキュラム *下表参考 配当年次 *下表参考

授業題目 生物多様性保全のための生態学調査入門
授業の概要 現代、世界の各地で生物の絶滅が問題になり、かつては生物の研究者が使っていた生物多様性、レッドデータブック、絶滅危惧種というような用語が新聞やテレビにも頻繁に登場するようになってきた。このような状況の中で、生物多様性を守るための第一歩は、その環境にどのような生物がどのくらい生息しているかを明らかににすることである。この科目では、生物多様性保全のために必要な生物調査法やその背景にある生態学の考え方について解説する。さらに土壌動物・樹木・プランクトンの採集、ソーティング(種類分け)、同定、標本作成などの実習を通じて、生物多様性をどのようにして測定し、その情報をどのように生かしてゆけばいいのか説明する。この講義では通常の講義と実習を交互に行う。
学習の到達目標 知識・理解の目標 生物多様性問題に関連する生態学の基礎知識を習得する。また生物多様性をどのようにして測定するのか、そのデータを生物多様性保全にどのように生かすのかについて、生態学実習を通じて理解する。
技能・表現の目標 生態学調査の手法を習得し、その結果を適切な術語(専門用語)を使用して、論理的に表現できる。
授業計画 第1回 授業ガイダンス、生物の分類、種の考え方、命名規約
第2回 土壌動物の採集(前半のみ実習)、生物多様性と種の多様性の関係
第3回 ソーティング(種類分け)(前半のみ実習)レッドデータブック・レッドリストの意義
第4回 観察・採集データのまとめ方、レポートまとめ方
第5回 樹木の採集、標本作成(実習)
第6回 樹木の同定(実習)
第7回 標本の価値と利用、博物館の役割
第8回 水質の汚染にかかわる環境基準、指標生物
第9回 プランクトンの採集と環境測定(実習)
第10回 アンケート、富栄養化と貧栄養化
第11回
第12回
第13回
第14回
第15回
授業外学習の課題 予習に関しては資料プリントを読んでくる、生態学や保全に関する項目を調べてくる等の指示を出す。また前回の講義内容を十分理解した上で、実習を実施するので、必ず復習をしておくこと。実習の結果はレポートとしてまとめて提出するので、「ラーニングナビ」やレポート作成に関する本にも日ごろから目を通しておくことを勧める。
履修上の注意事項 この科目は「中国地方の自然環境」と「保全生物学入門」の内容を深化させることを目的としている。従って、同時履修でもかまわないので、この二科目を履修しておくこと。講義の内容には連続性があるので、欠席や遅刻をしないこと。欠席や遅刻は減点の対象となり、3回以上の欠席は自動的にx評価となる。天候等の影響で実習が実施できない場合は、授業の順序が変わる場合がある。
成績評価の方法・基準 講義内容の理解度(20%)、実習レポート(80%)により評価する。
テキスト 使用しない。
参考文献 取り扱う項目が多岐にわたるので、最初の講義の際、項目別に詳しく説明する。
主な関連科目 保全生物学入門、中国地方の自然環境、環境科学、総合教養講義a(生物多様性保全の環境問題)
オフィスアワー及び
質問・相談への対応
少人数のクラスなので、疑問点をためこまないで、積極的に質問してほしい。

■カリキュラム情報
所属 ナンバリングコード 適用入学年度 配当年次
人間環境学部人間環境学科(リテラシー形成科目) 2011~2016 2・3・4
人間環境学部人間環境学科(リテラシー形成科目) FHES22102 2017~2017 2・3・4