授業コード 50012100 クラス
科目名 環境問題入門 単位数 2
担当者 下村 英嗣 他 履修期 後期授業
カリキュラム *下表参考 配当年次 *下表参考

授業題目 環境問題入門 Introduction to Environmental Problems
授業の概要  環境問題に関する幅広い知識の獲得を通じて、環境問題への興味・関心を高めることに重点をおいた科目である。講義内容としては、循環型社会の形成とその背景、国内外における人口問題・環境汚染・森林破壊の問題、地球温暖化を中心に解説するとともに、それらに対する取り組みも合わせて概説する。また、主な環境問題に関する日本の政策の現状についても概説を行う。
学習の到達目標 日本、ならびに地球規模で起こっている主な環境問題の現状とその解決にむけた方策について理解する。
授業計画 第1回 第1回:ガイダンス/環境汚染問題ー大気・水・土壌の汚染 (下村)
第2回 第2回:生物多様性と種の保存 (下村)
第3回 第3回:沿岸域管理ー参加と協働/小テスト実施 (下村)
第4回 第4回:地球温暖化問題①ー現状 (岩田)
第5回 第5回:地球温暖化問題②ー原因 (岩田)
第6回 第6回:地球温暖化問題③ー対策/小テスト実施 (岩田)
第7回 第7回:森林をめぐる環境問題①ー世界の森林問題 (宇野)
第8回 第8回:森林をめぐる環境問題②ー日本の森林問題 (宇野)
第9回 第9回:森林をめぐる環境問題③ー森林問題まとめ/小テスト実施 (宇野)
第10回 第10回:循環型社会とは何か (佐々木)
第11回 第11回:人口と環境問題①―先進国の問題 (佐々木)
第12回 第12回:人口と環境問題②―途上国の問題/小テスト実施 (佐々木)
第13回 第13回:資源・エネルギー問題①原発再稼働 (辻本)
第14回 第14回:資源・エネルギー問題②電力改革 (辻本)
第15回 第15回:資源・エネルギー問題③新エネルギー/小テスト実施 (辻本)
授業外学習の課題 環境白書に目を通しておくと理解がより深まる。
環境省『平成28年版 環境白書・循環型社会白書・生物多様性白書』は,環境省HPで閲覧・ダウンロードができる。
<html版> http://www.env.go.jp/policy/hakusyo/h28/index.html
<pdf版> http://www.env.go.jp/policy/hakusyo/h28/pdf.html
履修上の注意事項 遅刻や欠席をしないこと。私語厳禁。
成績評価の方法・基準 授業中に行う小テスト5回の合計点により評価する。(1回20点×5回=100点満点)
テキスト 授業に必要な資料は各担当教員が印刷をし,配布する。
参考文献 環境省『平成28年版 環境白書・循環型社会白書・生物多様性白書』
主な関連科目 人間環境学概論など
オフィスアワー及び
質問・相談への対応
授業終了後に質問・相談を受け付ける。

■カリキュラム情報
所属 ナンバリングコード 適用入学年度 配当年次
人間環境学部人間環境学科(マインド形成科目) 2011~2016 1・2
人間環境学部人間環境学科(マインド形成科目) FHES11102 2017~2017 1・2