授業コード 50009700 クラス
科目名 環境の経済評価 単位数 2
担当者 長谷川 弘 履修期 前期授業
カリキュラム *下表参考 配当年次 *下表参考

授業題目 環境の経済評価 Economic Evaluation of Environment
授業の概要  現在、持続可能な発展や経済的効率性の観点から、ダム建設、道路整備等の開発・インフラ事業における環境配慮や客観的な事業評価が強く求められている。開発事業を対象とする評価システムでのより定量的な環境価値の内部化の必要性を踏まえ、本授業では従来の環境影響評価(環境アセスメント、EIA)と経済評価を統合し、経済性と環境配慮の両面を等しく勘案する「環境経済評価」の概念、評価手順、評価諸手法、内外の適用事例、課題等を講義する。また、いくつかの環境項目について経済的評価を演習する。
 受講生が理解しやすく具体的なイメージをつかめるよう、パワーポイント、ビデオ・DVD、OHCを活用する。
学習の到達目標 環境影響評価と経済評価の関係、環境を経済評価することの意義、そのための諸手法、費用便益分析、環境経済評価の応用性等について、基本的枠組みを理解する。単純な環境財・サービスの価値であれば貨幣単位で概算できるようになる。
授業計画 第1回 講義ガイダンス、及び環境影響評価と経済評価の統合①(環境経済学の目的と研究・応用領域、外部経済効果)
第2回 環境影響評価と経済評価の統合②(環境財・サービスの貨幣価値化事例、開発の環境的影響、従来の環境影響評価)
第3回 環境影響評価と経済評価の統合③(従来の経済評価、理想的経済評価、環境影響評価と経済評価のリンク)
第4回 環境影響評価と経済評価の統合④(費用便益分析への環境の内部化、割引率・計算、財務評価vs経済評価)
第5回 環境経済評価の考え方と様々な評価手法①(環境経済評価の基本的枠組み、支払意志額、消費者余剰)
第6回 環境経済評価の考え方と様々な評価手法②(先進国・世界銀行・日本の算定事例、対象となる環境の種類)
第7回 環境経済評価の考え方と様々な評価手法③(市場価格法、潜在価格法、へドニック・アプローチ、旅行費用法)
第8回 環境経済評価の考え方と様々な評価手法④(サーベイ法、仮想的評価法)、及び第1回演習課題とその解説
第9回 大気汚染に関わる環境経済評価事例(米国の無鉛ガソリン導入政策、健康被害、エネルギー消費量、純現在価値)
第10回 森林・土壌保全に関わる環境経済評価事例(インドネシアの流域管理計画)、及び第2回演習課題とその解説
第11回 渡良瀬遊水地の環境的価値①(水質、水資源、土壌浸食・土砂崩壊、大気、野生生物、保健休養、非利用価値)
第12回 渡良瀬遊水地の環境的価値②(ヒートアイランド現象緩和機能、環境的便益の計算事例、フローvsストック価値)
第13回 環境経済評価の応用と導入ポイント①(事業資金調達、政策・計画策定、客観的データ、統計処理、便益移転)
第14回 環境経済評価の応用と導入ポイント②、及び課題(所得分配、世代間公平、不可逆性、人命の価値、各種偏向)
第15回 講義全体のまとめ、及び授業アンケート
授業外学習の課題 毎回配布する資料を授業後に復習し、分らない専門用語は必ず調べて理解する。
事前に配布された資料を熟読し、どの部分が理解できないか、疑問箇所はどこかを整理するなどの予習を行なう。
毎回の予習・復習は、合わせて2時間程度を目標とする。
履修上の注意事項 本講義の受講者は既に「環境アセスメント」を履修済みであること。さらに「環境経済学」及び「統計学入門」を履修していることが望ましい。私語は厳禁。2/3以上程度の出席を義務付ける。
成績評価の方法・基準 リアクション・ペーパー15%、演習課題(2回程度)40%、及び学期末試験45%で評価する。
テキスト 未定。(他に、関連資料を毎回配布する。)
参考文献 ・長谷川弘「環境経済アセスメント:環境保全と経済発展の接点を求めて」東京出版、1998年
・長谷川弘 訳「環境の経済評価テクニック:アジアにおけるケーススタディ」築地書館、1993年
・環境経済評価研究会 訳「新・環境はいくらか」築地書館、2000年
・長谷川弘ほか「開発途上国における農林業プロジェクトの環境経済評価手法と事例」国際協力機構、2005年
・栗山浩一ほか「初心者のための環境評価入門」勁草書房、2013年、等
主な関連科目 環境アセスメント、環境経済学、統計学入門、資源経済学
オフィスアワー及び
質問・相談への対応
授業中に質問の時間を必ず設ける他、毎回の出席カードの裏に質問やコメントを記載してもらい、次回授業でそれらに回答する。
また、昼休みのオフィスアワーを中心に、随時、研究室や電話・メールでも質問や相談に応じる。

■カリキュラム情報
所属 ナンバリングコード 適用入学年度 配当年次
人間環境学部人間環境学科(基幹科目環境マネジメント系) 2007~2010 2・3・4
人間環境学部人間環境学科(基幹科目Ⅱ環境政策マネジメント系) 2011~2016 3・4
人間環境学部人間環境学科(基幹科目Ⅱ環境政策マネジメント系) FHES35105 2017~2017 3・4