授業コード 50009200 クラス
科目名 民族と環境 単位数 2
担当者 宇野 伸浩 履修期 前期授業
カリキュラム *下表参考 配当年次 *下表参考

授業題目 世界の少数民族・先住民族と環境問題
授業の概要 現代社会は様々な形でグローバル化が進んだ結果、世界の政治的経済的中心である先進国は、知らないうちに他国や自国の周辺に生きる先住民族に大きな環境負荷を与えている。これまで世界の少数民族や先住民族を研究対象としてきた文化人類学者は、自分たちが調べてきた少数民族や先住民族を環境問題の被害者として取り上げる研究を始めており、「環境人類学」という分野が生まれている。この講義では、世界の少数民族・先住民族がどのような環境問題に直面しているか、先進国や日本がどのようにそれに関わっているかを取り上げていきたい。
学習の到達目標 世界各地における環境破壊が少数民族・先住民族に与える影響を理解することを通じて、日本における消費活動や物質的豊かさが与える影響を地球規模で考えることができるようになることを目標とする。
授業計画 第1回 ①イントロダクション
第2回 ②オーストラリアの先住民族アボリジニ
第3回 ③アボリジニと放射能汚染
第4回 ④ブラジルアマゾンの先住民族インディオ
第5回 ⑤アマゾンの森林破壊と先住民族インディオ
第6回 ⑥カナダの温帯雨林破壊とカナダ・インディアン
第7回 ⑦マレーシアボルネオ島の森林破壊と先住民族プナン
第8回 ⑧ブルーノ・マンサーの運動と先住民族プナン
第9回 ⑨パプアニューギニアの森林破壊と先住民族
第10回 ⑩日本の先住民族アイヌと日本の同化政策
第11回 ⑪日本の先住民族アイヌとアイヌ文化振興法
第12回 ⑫日本の先住民族アイヌと二風谷ダム問題
第13回 ⑬カナダ・インディアンと有機水銀汚染
第14回 ⑭カナダの先住民族イヌイットと化学物質汚染
第15回 ⑮モンゴルのウラン採掘問題、講義のまとめ、授業アンケート、試験の解説
授業外学習の課題 授業外学習として、授業に関係する資料についての要約・コメントを書いたレポートを提出する。
履修上の注意事項 プリントを配り、それを用いて授業を進める。毎回出席カードを配布する。授業の最後に出される課題・質問に対する回答を出席カードに書いて提出する。正当な理由のない遅刻と早退は厳禁とする。

【この科目は、グローバルコース(2014年度以降生)対象科目にもなっています。※ただし、一部の学部・学科では配当されていない場合があります。】
成績評価の方法・基準 出席カードの内容(26%)、レポート提出および定期試験(あわせて74%)を総合的に評価する。ただし、出席状況が著しく悪い場合は採点の対象としない。
テキスト 使用しない。
参考文献 パトリシア・K・タウンゼンド『環境人類学を学ぶ人のために』世界思想社
『講座人間と環境』全12巻、昭和堂
『シリーズ環境社会学』全6巻、新曜社
原田正純『水俣が映す世界』日本評論社
主な関連科目 異文化理解、環境歴史学
オフィスアワー及び
質問・相談への対応
質問・相談は基本的に授業終了時に受け付ける。または、授業中に配布する出席カードを利用して質問すること。

■カリキュラム情報
所属 ナンバリングコード 適用入学年度 配当年次
人間環境学部人間環境学科(基幹科目環境社会系) 2007~2010 1・2・3・4
人間環境学部人間環境学科(基幹科目Ⅰ) 2011~2016 2・3・4
人間環境学部人間環境学科(基幹科目Ⅰ) FHES24114 2017~2017 2・3・4