授業コード 50009000 クラス
科目名 環境と開発 単位数 2
担当者 羅 星仁 履修期 後期授業
カリキュラム *下表参考 配当年次 *下表参考

授業題目 環境保全と開発 (Environmental Conservation and Development)
授業の概要 人類は人々の生活の便利さを追求するために歴史的に数多くの開発事業を行ってきている。しかし、このような開発事業がかえって人々の生活を脅かす重要な要因であることが明らかになりつつある。
本講義では、開発による自然環境破壊問題を中心に取り上げ、環境保全と開発の両立のために提案されているさまざまな概念や方法などについて解説する。特に、最近急速な経済成長を成し遂げているアジア地域における環境問題を中心に解説する。
講義は、テキストを中心に行われるが、必要に応じて資料を配る。また、環境に関連するビデオやプロジェクターを使用する講義も行う。
学習の到達目標 1.開発と環境保全との関係を理解できるようになる。
2.アジア各国で行われている開発事業による環境破壊の現状を理解できるようになる。
授業計画 第1回 イントロダクション:講義概要
第2回 環境と開発の全体像
第3回 開発事業による環境破壊の事例(ビデオ)
第4回 環境と開発の歴史的な変遷
第5回 地球温暖化対策の鍵を握るアジアの新興成長国
第6回 拡大するアジアの消費と環境負荷の高まり
第7回 鞆の浦の開発I
第8回 鞆の浦の開発II
第9回 人類は教訓を生かせるのか(アスベスト問題)
第10回 脅かせれる伝統的生態知識
第11回 環境公益訴訟の展開
第12回 アジア各国の事例:パキスタン
第13回 アジア各国の事例:日本、韓国
第14回 アジア各国の事例:中国、台湾
第15回 講義のまとめ,授業アンケート
授業外学習の課題 1.2-14回については次回の授業のための資料を事前に予習しておくことが重要である。
2.5回、10回の授業時間中に小テストを行うので、1-4回、6-9回の範囲を十分な時間をかけて復習しておく必要がある。
3.4回と8回の授業中はグループ討論とプレゼンテーションを行うので、テーマについて十分な調査をし、まとめる必要がある。
4.13回の授業時間中に、環境と開発に関するレポートの課題を出すので、しっかりレポートを書くこと。
履修上の注意事項 講義内容の理解度を把握するために小テストを行うので、毎回出席することが重要である。

【この科目は、グローバルコース(2014年度以降生)対象科目にもなっています。※ただし、一部の学部・学科では配当されていない場合があります。】
成績評価の方法・基準 課題提出(10%)、小テスト(20%)、レポート(20%)、グループ討論・発表(20%)、個人発表(30%)で評価する。
テキスト 日本環境会議編(2010)「アジア環境白書2010/11」東洋経済新報社、2900円(書店及び生協等で購入)
参考文献 吉田文和・宮本憲一編(2002年)『環境と開発』岩波書店、(生協にて)。その他の文献は講義内で随時知らせる。
主な関連科目 地球環境政策論、国際地域環境政策論
オフィスアワー及び
質問・相談への対応
1.授業中の質問はいつでも受け付けますし、質問時間も設けます。
2.授業終了後にも簡単な質問は受け付けます。
3.7回と15回の授業終了後に希望の多い日時を授業で調査し、学習支援センターのオフィスアワーを設定します。
4.緊急の連絡・問い合わせなどは,nasungin@shudo-u.ac.jpに連絡ください。

■カリキュラム情報
所属 ナンバリングコード 適用入学年度 配当年次
人間環境学部人間環境学科(基幹入門科目) 2007~2010 1・2・3・4
人間環境学部人間環境学科(マインド形成科目) 2011~2016 1・2・3・4
人間環境学部人間環境学科(マインド形成科目) FHES11108 2017~2017 1・2・3・4