授業コード 50008800 クラス
科目名 環境事例入門 単位数 2
担当者 下村 英嗣 履修期 前期授業
カリキュラム *下表参考 配当年次 *下表参考

授業題目 環境問題解決における法的視点の涵養
授業の概要  環境問題の解決には、問題の本質を看破し、他者を説得することが不可欠である。その際、問題にアプローチする視点とその根拠が非常に重要となる。
 そのため、本講義は、受講生が積極的に意見を発表・交換するという新しい授業方法で進行する。([ ]は時間配分)
①環境事例問題の提示(ビデオや写真を使用する場合あり)[15分]
②論点と解決方法を個人や集団で考察・議論(集団は講義ごとにこちらで指定する)[20分]
③考察・意見・議論の結果の発表(発表者は講義ごとに指名)[20分]
④問題の解説[20分]
⑤用紙記述(成績評価の対象とする)[15分]
 従って、講義への積極的な参加意志がなければ、履修/出席する意味はない。また従来の講義とは異なる授業形式のため、収容人数50名程度の教室を使用し、当該収容人数を履修可能人数とする。
学習の到達目標 ①環境問題の論点・争点を見出すことができるようになること
②環境問題を解決する視点(法的視座)が持てるようになること
授業計画 第1回 1 ガイダンス:講義概要と授業方法の説明
第2回 2 環境か発展か?~生活とエネルギーと温暖化
第3回 3 企業城下町と公害~健康被害と生活の糧
第4回 4 公共施設と公害~公共交通機関の利用と被害
第5回 5 都市開発と生活環境~高層マンションと景観
第6回 6 ゴミの定義と不法投棄~ゴミとは何か?
第7回 7 NIMBY施設の設置困難と解決策
第8回 8 環境に配慮した高価な製品と環境に配慮しない安価な製品~環境正義
第9回 9 リサイクルのコストを負担するのは誰?
第10回 10 現代生活に欠かせない化学物質の管理方法
第11回 11 野生動物保護と食害~害獣駆除と動物保護
第12回 12 公共事業と自然破壊
第13回 13 南北問題~発展の権利と環境保護
第14回 14 戦争と環境
第15回 15 全体で議論~環境問題の構図と本質
授業外学習の課題 ①新聞の活用
 毎日、新聞を読み、環境問題の記事はもちろんのこと、社会で起きている出来事に広く関心を持つように心がけること。
②考える
 新聞記事を読むだけでなく、記事内容を理解し、考え、自分の意見をもつようにすること。
③理由
 なぜ自分がそのような意見を持つようになったか、その理由を考えること。
④表現する
 もし、その記事について意見を求められたら、どのように答えるのかも考えること。
⑤反復
 ①~④を日々繰り返すよう心がけること。
履修上の注意事項 ①毎回、意見交換を求め、また、受講者全員の前で自分の意見や自分が所属するグループの意見を発表してもらうので、強い積極性を求める。
②自宅や図書館等で新聞を毎日読むこと。
成績評価の方法・基準 毎回提出を義務づける意見・考察・議論などの報告用紙70%、定期試験30%
テキスト 使用しない。
参考文献 「18歳からはじめる環境法」(法律文化社、2013年)
主な関連科目 環境法入門、環境法、国際環境法
オフィスアワー及び
質問・相談への対応
この授業は、受講生が積極的に意見を述べることを期待するため、授業中に遠慮なく意見を述べ、質問をしてください。

■カリキュラム情報
所属 ナンバリングコード 適用入学年度 配当年次
人間環境学部人間環境学科(基幹入門科目) 2007~2010 1・2・3・4
人間環境学部人間環境学科(マインド形成科目) 2011~2016 1・2・3・4
人間環境学部人間環境学科(マインド形成科目) FHES11107 2017~2017 1・2・3・4