授業コード 50008000 クラス
科目名 生物情報と環境 単位数 2
担当者 髙橋 恭一 履修期 前期授業
カリキュラム *下表参考 配当年次 *下表参考

授業題目 感覚と脳の生物学
授業の概要 科学技術の進歩と経済の発展は、一方で人間の生活に物質的な豊かさを提供してくれたが、他方で自然の破壊や環境の汚染という厄介な問題(環境問題)を生み、近年悪化の一途を辿っている。今、われわれがこの問題を解決しなければ、生物が安全に暮らせる地球は近い将来消失するに違いない。
本講義では、環境問題を理解し、この解決に向けて取り組むために必要な生物学の知識のなかで、特に『動物が環境変化を察知するしくみ』に焦点を合わせ、
(a) 動物に備わった感覚器
(b) 動物の感覚器の精度
(c) 感覚器における情報処理のしくみ
(d) 感覚器と中枢神経系(脳と脊髄)の連絡
(e) 中枢神経系における感覚情報処理のしくみ
などについて最近の研究成果を交えて解説する。
学習の到達目標 知識・理解の目標
環境関連分野の諸事象を理解するために必要な生物学の知識、特に動物に備わった感覚器と、その処理装置である脳の役割に関する基礎的・基本的事項について説明することができる。
思考・判断の目標
本講義のみならず新聞、雑誌やテレビなどで報道される医学・生物学関連のニュースなどを通じて、生命現象に潜む物理・化学的事象について理解し、生命維持に必要なしくみについて論理的に考えることができる。
関心・意欲の目標
身の回りの変化(四季に伴う変化や地域の開発に伴う変化など)とヒトの生活のかかわりについて興味・関心が生まれ、周辺環境を積極的に調査(実地調査や文献調査など)し、この知識を周囲に発信することができる。
態度の目標
地球環境問題(地球温暖化、酸性雨や大気汚染など)の進行を阻止するため、環境負荷の少ない生活を実践することができる。そして、環境保護活動に積極的に取り組むことができる。
技能・表現の目標
医学・生物学に関する知識を、適切な術語(専門用語)を使用し、正しい日本語で論理的に表現することができる。
授業計画 第1回 講義ガイダンス、生物の成り立ち
第2回 感覚総論
第3回 細胞の機能
第4回 細胞膜の性質
第5回 味覚
第6回 嗅覚
第7回 視覚
第8回 聴覚と平衡感覚
第9回 皮膚感覚
第10回 神経細胞の機能Ⅰ ~神経細胞の形態~
第11回 神経細胞の機能Ⅱ ~神経細胞の機能~
第12回 シナプスの構造と機能
第13回 脳の構造
第14回 脳の機能分化
第15回 自律神経系による身体機能調節、内分泌器官の構造とホルモンの役割
授業外学習の課題 (a) 講義内容を確認(復習)すると同時に、予習が円滑に行えるよう、講義ノートを作成する(このノートは、講義中に実施するクイズ[小テスト]に答えるために役立つ)。
(b) 講義では生物学や医学で一般的に使われる専門用語を多用するので、これらの意味を生物学辞典や医学辞典などを用いて調べ理解する。
(c) 以下に列挙した参考文献の中で、生物学の基礎的・基本的部分および講義内容に関連する部分を読み理解する。
(d) 高度な内容(最新の研究成果)を教授する際、講義時に学習内容(復習と予習)を指示する。
(e) 成績評価のための課題レポートの詳細(「テーマ」や「提出期限」等)は講義中に指示する。
履修上の注意事項 講義内容に連続性があるため、毎回出席が基本である。従って、4回(第1回目の授業を含む)以上の欠席は認めない。
講義内容を説明するために視覚教材(ビデオなど)を使用するが、この中には刺激的な内容が含まれることがある。
講義ノートは評価の対象であり、その取り方(評価の基準)と提出方法については講義中に指示する。
講義内容に関連するプリントを講義直前に配布する。配布されたプリントは必ず持参する必要がある。
成績評価の方法・基準 学習の到達目標の中で、特に「知識・理解」、「関心・意欲」そして「技能・表現」を中心に成績評価を行う。
成績評価の方法は、講義中に実施するクイズ[小テスト]と課題レポート(30%)、講義ノート(10%)および定期試験(60%)とする。単位の認定には、これらの評価方法を総合して60%以上のポイント獲得が必要である。クイズ[小テスト]、講義ノート、課題レポートおよび定期試験では講義内容を理解(知識の正確さ)しているか否かを判定する。
定期試験を受けない場合、X評価とする。また、所定の出席に満たない場合にもX評価とする。
テキスト テキストは使用しない。必要に応じて、プリントを配布する。
参考文献 細胞のはたらきがわかる本(伊藤明夫著;岩波書店)
人体機能生理学(杉 編著;南江堂)
標準生理学(本郷ら 編;医学書院)
現代の生物学(上下)(石川ら 訳;東京化学同人)
医科生物学(長野ら 編;理工学社)
医科生理学展望(星ら 共訳;丸善)
神経生物学入門(工藤 著;朝倉書店)
脳と神経(金子ら 著;共立出版)
生体はどのようにして情報を処理しているか(杉 著;理工学社)
みえる人体(佐藤ら 監訳;丸善)
感覚の地図帳(山内・鮎川 共著;講談社)
脳の地図帳(原 著;講談社)
神経生物学入門(工藤 著;朝倉書店)
動物の多様な生き方 1巻~5巻(日本比較生理生化学学会 編;共立出版)
シリーズ21世紀の動物科学 1巻~11巻(日本動物学会 監修;培風館)
いろんな感覚の世界(江口・蟻川 編;学会出版センター)
生体電気信号とはなにか(杉 著;講談社)
これでわかるニューロンの電気現象(酒井 著;共立出版)
主な関連科目 生命のしくみ、教養講義(ヒトの生命科学)、総合教養講義b(生命情報論)
オフィスアワー及び
質問・相談への対応
月曜日第1時限目(09:00~10:30)をオフィスアワーとする。オフィスアワー以外でも質問・相談を受けるが、この場合予約が必要である。

■カリキュラム情報
所属 ナンバリングコード 適用入学年度 配当年次
人間環境学部人間環境学科(基礎科目自然理解科目) 2007~2010 1・2・3・4
人間環境学部人間環境学科(リテラシー形成科目) 2011~2016 1・2・3・4
人間環境学部人間環境学科(リテラシー形成科目) FHES12104 2017~2017 1・2・3・4