授業コード 50006310 クラス 10
科目名 卒業研究 単位数 4
担当者 三浦 浩之 履修期 年間授業
カリキュラム *下表参考 配当年次 *下表参考

授業題目 都市・地域デザイン
授業の概要 環境ゼミナールa・bでの学習を基礎に、各自あるいはグループで、都市・地域デザインに関する実践的なテーマを設定し、これを探求して、社会的課題を達成するためのソーシャルイノベーションを目指し、ソーシャルデザインを行う。
学習の到達目標 1. 都市・地域が抱える問題を理解し、そのイノベーティブな解決策を提示できること
2. ソウゾウリョク(想像力と創造力)を養成し続ける素養を会得すること
授業計画 第1回 ガイダンス
第2回 ソーシャルデザインの行程①
第3回 ソーシャルデザインの行程②
第4回 ソーシャルデザインの実践例①
第5回 ソーシャルデザインの実践例②
第6回 対象地域の選定とそこが抱える社会的課題・プレゼンテーション
第7回 対象地域の調査分析①
第8回 対象地域の調査分析②
第9回 対象地域住民のヒアリング調査と分析①
第10回 対象地域住民のヒアリング調査と分析②
第11回 事例調査・資料収集・知識の獲得①
第12回 事例調査・資料収集・知識の獲得②
第13回 対象地域でのソーシャルイノベーションの概略提案①
第14回 対象地域でのソーシャルイノベーションの概略提案②
第15回 対象地域でのソーシャルイノベーションの構想(エリア)①
第16回 対象地域でのソーシャルイノベーションの構想(エリア)②
第17回 ソーシャルイノベーションを進めるためのメンバーの構想①
第18回 ソーシャルイノベーションを進めるためのメンバーの構想②
第19回 ソーシャルイノベーションのデザイン①
第20回 ソーシャルイノベーションのデザイン②
第21回 ソーシャルデザインの実践経過報告①
第22回 ソーシャルデザインの実践経過報告②
第23回 ソーシャルデザインの実践経過報告③
第24回 ソーシャルデザインの実践経過報告④
第25回 卒業論文ないしはソーシャルデザイン実施報告書の作成指導①
第26回 卒業論文ないしはソーシャルデザイン実施報告書の作成指導②
第27回 卒業論文ないしはソーシャルデザイン実施報告書の作成指導③
第28回 卒業論文ないしはソーシャルデザイン実施報告書の作成指導④
第29回 プレゼンテーション
第30回 論文ないしは報告書の講評
授業外学習の課題 授業時間は各自あるいは各グループによる取組についてディスカッションし、その後の方向を見つけていくものである。
したがって、授業時間外において積極的かつ責任をもって各研究テーマに取り組むことが求められる。
履修上の注意事項 専門ゼミナールa・bを履修していなかった者は、事前に、環境ゼミナールの成果について熟読しておくこと。
成績評価の方法・基準 1. 授業におけるレポート・プレゼンテーションならびにフィールドワーク 30%
2. 卒業研究論文ないし報告書         70%
テキスト 筧 裕介 (著) ソーシャルデザイン実践ガイド――地域の課題を解決する7つのステップ
参考文献 学生のテーマに沿って、随時紹介する。
主な関連科目 環境ゼミナールa・b、環境社会調査、都市・地域デザイン論、環境とライフスタイル、都市環境学
オフィスアワー及び
質問・相談への対応
1. 質問・相談は、基本的に授業終了時に受け付けます。
2. 研究への取組における質問・相談は、メールにても受け付けます。

■カリキュラム情報
所属 ナンバリングコード 適用入学年度 配当年次
人間環境学部人間環境学科(ゼミナール科目) 2007~2016 4
人間環境学部人間環境学科(ゼミナール科目) FHES47101 2017~2017 4