授業コード 50006309 クラス 09
科目名 卒業研究 単位数 4
担当者 松川 太一 履修期 年間授業
カリキュラム *下表参考 配当年次 *下表参考

授業題目 卒業論文の作成 Graduation Thesis Seminar
授業の概要 各自の研究テーマにもとづいた卒業研究について研究指導をおこなう。テーマ設定と論文の書き方について学んだうえで各自が研究を進めていく。社会学の視点から調査・研究する方法について指導をおこなうので、さまざまな人間と人間の関係(コミュニケーションやコミュニティなど)が主要な研究テーマとなる。
学習の到達目標 1 受講者自身の興味関心にもとづいて、適切な研究テーマを設定することができる。

2 設定した研究テーマについて、文献収集や社会調査を通じて独自性のある研究ができる。

3 計画的に卒業研究をおこない、最終的に研究成果を提出・発表することができる。
授業計画 第1回 ガイダンス
第2回 テーマ設定と論文の書き方(1)
第3回 テーマ設定と論文の書き方(2)
第4回 テーマ設定と論文の書き方(3)
第5回 テーマ設定と論文の書き方(4)
第6回 テーマ設定と論文の書き方(5)
第7回 テーマ設定と論文の書き方(6)
第8回 テーマ設定と論文の書き方(7)
第9回 テーマ設定と論文の書き方(8)
第10回 テーマ設定と論文の書き方(9)
第11回 テーマ設定と論文の書き方(10)
第12回 テーマ設定と論文の書き方(11)
第13回 テーマ設定と論文の書き方(12)
第14回 テーマ設定と論文の書き方(13)
第15回 中間発表会(1)
第16回 中間発表会(2)
第17回 研究の進行状況の発表と議論(1)
第18回 研究の進行状況の発表と議論(2)
第19回 研究の進行状況の発表と議論(3)
第20回 研究の進行状況の発表と議論(4)
第21回 研究の進行状況の発表と議論(5)
第22回 研究の進行状況の発表と議論(6)
第23回 研究の進行状況の発表と議論(7)
第24回 研究の進行状況の発表と議論(8)
第25回 研究の進行状況の発表と議論(9)
第26回 研究の進行状況の発表と議論(10)
第27回 研究の進行状況の発表と議論(11)
第28回 研究の進行状況の発表と議論(12)
第29回 研究の進行状況の発表と議論(13)
第30回 卒業研究発表会(研究成果の提出)
授業外学習の課題 卒業研究では、授業外の時間に調査・研究を自主的に進めることが前提となる。卒業研究における授業は、各自の研究の進行状況について発表・議論し、今後の研究の進め方について意見をもらう場所だと考えてほしい。
履修上の注意事項 諸事情により欠席する場合、事前に連絡すること。
成績評価の方法・基準 提出した卒業研究(70%)、授業への取り組み(30%)を総合的に評価する。
テキスト 苅谷剛彦(1996→2002)『知的複眼思考法──誰でも持っている創造力のスイッチ』講談社(講談社+α文庫, ISBN:9784062566100)880円+税.
参考文献 随時、研究テーマに関連した文献を紹介する。
主な関連科目 環境ゼミナールa、環境ゼミナールb、環境社会調査、環境コミュニケーション入門、環境コミュニケーション論、環境NPO・NGO論
オフィスアワー及び
質問・相談への対応
授業中、授業終了後、オフィスアワー(曜日・時間は教員データベースに記載)の時間を活用してください。
上記以外で対応が必要な場合は事前に連絡してください。

■カリキュラム情報
所属 ナンバリングコード 適用入学年度 配当年次
人間環境学部人間環境学科(ゼミナール科目) 2007~2016 4
人間環境学部人間環境学科(ゼミナール科目) FHES47101 2017~2017 4