授業コード 50006305 クラス 05
科目名 卒業研究 単位数 4
担当者 豊澄 智己 履修期 年間授業
カリキュラム *下表参考 配当年次 *下表参考

授業題目 企業と環境問題
授業の概要 環境問題と企業の関係に関する各自のテーマにそって卒業論文を作成する。
これまで随所で学んできた「企業と環境問題」について、各自の視点から研究を進める。大学学部の卒業論文としてふさわしい成果を期待している。つまり、先行研究を精読し、分析した後に、大学院レベルと比較すれば未熟なものであったとしても、終章で自己の意見を述べることが最小限度要求される。
学習の到達目標 卒業論文を完成させ、選択したテーマ分野について詳しく説明できるようになる。
授業計画 第1回 1 ガイダンス
第2回 論文作成・指導
第3回 論文作成・指導
第4回 論文作成・指導
第5回 論文作成・指導
第6回 論文作成・指導
第7回 論文作成・指導
第8回 論文作成・指導
第9回 論文作成・指導
第10回 論文作成・指導
第11回 論文作成・指導
第12回 論文作成・指導
第13回 論文作成・指導
第14回 論文作成・指導
第15回 論文作成・指導
第16回 論文作成・指導
第17回 論文作成・指導
第18回 論文作成・指導
第19回 論文作成・指導
第20回 論文作成・指導
第21回 論文作成・指導
第22回 論文作成・指導
第23回 論文作成・指導
第24回 論文作成・指導
第25回 論文作成・指導
第26回 論文作成・指導
第27回 論文作成・指導
第28回 論文作成・指導
第29回 論文作成・指導
第30回 論文作成・指導
授業外学習の課題 関連する論文を必要に応じて見つけ出し、精読すること。
履修上の注意事項 十分に準備を整え相談に来てほしい。
成績評価の方法・基準 最終提出論文(100%)
テキスト
参考文献
主な関連科目 新堀聡『評価される博士・修士・卒業論文の書き方・考え方』同文館出版
ダン・レメニイ『研究の進め方』同文館出版
オフィスアワー及び
質問・相談への対応
授業終了後及びメール等で随時受け付けます。

■カリキュラム情報
所属 ナンバリングコード 適用入学年度 配当年次
人間環境学部人間環境学科(ゼミナール科目) 2007~2016 4
人間環境学部人間環境学科(ゼミナール科目) FHES47101 2017~2017 4