授業コード 50005100 クラス
科目名 国際地域環境政策論 単位数 2
担当者 羅 星仁 履修期 後期授業
カリキュラム *下表参考 配当年次 *下表参考

授業題目 世界の地球温暖化対策 (Global Warming Policies by Country)
授業の概要 本講義では地球環境問題の中でも最も深刻でかつ緊急の課題である地球温暖化問題を取り上げ、世界の地域及び各国(主にEU・アメリカ・日本など)で導入されている対策について解説する。
地球温暖化防止のために導入される諸政策がなぜ国や地域によって異なるか、またどのような政策が温室効果ガス削減に効果的かつ効率的なのか、などの疑問点について各国の事例を取り上げながら、解説する。講義は、必要に応じて資料を配り、環境に関連するビデオやプロジェクターを使用する講義も行う。
学習の到達目標 1.主な地球温暖化対策を理解できるようになる。
2.ドイツ、イギリスなどで行われている地球温暖化対策を理解できるようになる。
3.日本の温暖化対策の課題を理解できるようになる。
授業計画 第1回 イントロダクション:講義概要
第2回 地球温暖化問題の全体像
第3回 地球温暖化防止のための国際交渉(ビデオ)
第4回 地球温暖化防止と国際協調
第5回 地球温暖化対策Ⅰ:国際的な取り組み
第6回 地球温暖化対策Ⅱ:政策手段
第7回 日本の温暖化対策
第8回 EUの温暖化対策
第9回 アメリカの温暖化対策
第10回 中国の温暖化対策
第11回 課題発表(1)
第12回 課題発表(2)
第13回 課題発表(3)
第14回 課題発表(4)
第15回 講義のまとめ、授業アンケート
授業外学習の課題 1.2-13回については次回の授業のためのテーマを事前に予習しておくことが重要である。
2.6回の授業時間中に小テストを行うので、1-4回の範囲を十分な時間をかけて復習しておく必要がある。
3.10回の授業時間中に、地球温暖化対策に関するレポートの課題を出すので、しっかりレポートを書くこと。
4.11-14回の授業中は出された課題に対してプレゼンテーションを行うので、テーマについて十分な調査をし、まとめる必要がある。
履修上の注意事項 1.講義内容の理解度を把握するために小テストを行うので、毎回出席することが重要である。
2.課題発表が重要であるため、グループで協力しながらプレゼンテーションを行う必要がある。
成績評価の方法・基準 小テスト(20%)、課題発表(50%)、レポート(30%)、で評価する。
テキスト 使用しない。必要に応じてプリントを配布する。
参考文献 新澤秀則・高村ゆかり編(2015)「気候変動対策のダイナミズム」岩波書店。
羅星仁(2006)「地球温暖化防止と国際協調:効率性、衡平性、持続可能性」有斐閣(書店及び生協にて)。
その他の文献は講義内で随時知らせる。
主な関連科目 環境経済学、地球環境政策論
オフィスアワー及び
質問・相談への対応
1.授業中の質問はいつでも受け付けますし、質問時間も設けます。
2.授業終了後にも簡単な質問は受け付けます。
3.6回と13回の授業終了後に希望の多い日時を授業で調査し、学習支援センターのオフィスアワーを設定します。
4.緊急の連絡・問い合わせなどは,nasungin@shudo-u.ac.jpに連絡ください。

■カリキュラム情報
所属 ナンバリングコード 適用入学年度 配当年次
人間環境学部人間環境学科(基幹科目環境政策系) 2007~2010 2・3・4
人間環境学部人間環境学科(基幹科目Ⅱ環境政策マネジメント系) 2011~2016 3・4
人間環境学部人間環境学科(基幹科目Ⅱ環境政策マネジメント系) FHES35101 2017~2017 3・4