授業コード 50004800 クラス
科目名 環境監査論 単位数 2
担当者 岩田 裕樹 履修期 前期授業
カリキュラム *下表参考 配当年次 *下表参考

授業題目 環境監査 Environmental audit
授業の概要 この講義では、企業の環境問題への取り組みと監査の関係について講義を行う。中心的に扱うテーマは、以下の2点である。
①企業の環境規制の遵守に関する監査
行政機関により環境規制が課された場合、どのようにして企業にその規制を遵守させるのかという問題が存在する。この問題について簡単な経済モデルに基づいて議論を行う。
②環境マネジメントシステムに関する監査
企業の環境経営において環境マネジメントシステムの構築が重要視されている。その中で、環境マネジメントシステムが有効に機能しているかという問題を客観的(第3者的)視点から判断すること(環境監査)が必要である。本講義では、環境監査を自主的に行う背景にある企業の行動原理、環境監査の概要、その内容と手法、企業経営にもたらす影響等について、特にISO14001の認証取得に主眼を置き講義を行うことを目的とする。
学習の到達目標 環境監査が企業経営に対しどのような意味を持つのかを理解できるようになる。環境監査の計画から実践に関する一連の流れを理解できるようになる。
授業計画 第1回 イントロダクション
第2回 監査と環境監査とは
第3回 環境監査が行われる背景①概論
第4回 環境監査が行われる背景②各論
第5回 環境規制と環境監査①概論
第6回 環境規制と環境監査②基本モデル
第7回 環境規制と環境監査③モデルの拡張
第8回 中間試験とこれまでのまとめ
第9回 環境経営と環境マネジメントシステム
第10回 ISO14001の概観
第11回 ISO14001の特徴と環境監査
第12回 環境監査の手法①概論
第13回 環境監査の手法②各論
第14回 環境マネジメントシステム監査の課題
第15回 講義のまとめ
(履修者の理解に応じて進度は調整するので,計画が前後したり,一部を省略することもある)
授業外学習の課題 講義中に終了しなかった課題については、指定された期限までに指定された方法で提出してください。
履修上の注意事項 講義内容には連続性があるので、欠席をせずに参加すること。
成績評価の方法・基準 中間テスト(30%)
期末試験(50%)
授業への取り組み(小テストなど)(20%)
以上より総合的に評価します。
テキスト 必要に応じてレジュメを配布します。
参考文献 講義において適宜指示する。
主な関連科目 環境マネジメントシステム
オフィスアワー及び
質問・相談への対応
講義終了後に受け付ける。研究室での相談にも応じるが、その場合は事前にメールで連絡すること。

■カリキュラム情報
所属 ナンバリングコード 適用入学年度 配当年次
商学部商学科(E群) 2007~2016 2・3・4
商学部経営学科(B群) 2011~2016 2・3・4
人間環境学部人間環境学科(基幹科目環境マネジメント系) 2007~2010 2・3・4
人間環境学部人間環境学科(基幹科目Ⅰ) 2011~2016 2・3・4
人間環境学部人間環境学科(基幹科目Ⅰ) FHES24106 2017~2017 2・3・4