授業コード 50002400 クラス
科目名 環境とライフスタイル 単位数 2
担当者 三浦 浩之 履修期 前期授業
カリキュラム *下表参考 配当年次 *下表参考

授業題目 環境配慮型ライフスタイルの実践 Practice of an Environment Conscious Lifestyle
授業の概要 消費者や市民が環境に配慮した行動に能動的に取り組むための方法を考える環境社会心理学、環境に配慮した製品・サービス・企業を人々が選択する手法を考える環境マーケティング、そして人々に行動を生起させる広告・広報制作をもとに、より多くの市民に環境配慮型ライフスタイルを選択・実践させていく方法を考える。
学習の到達目標 1.環境行動の社会心理学(環境問題の意識と行動など)の概要を理解し、説明できるようになること。
2.環境マーケティング、環境ブランディングを理解し、説明できるようになること。
3.人々に環境配慮行動を促すための広告・広報を制作できるようになること。
授業計画 第1回 環境配慮型ライフスタイルが求められる背景~市場のグリーン化
第2回 消費者の環境配慮に対する意識及び行動①
第3回 消費者の環境配慮に対する意識及び行動②
第4回 意識と行動のギャップを埋める(環境行動の社会心理学~4つの視点)
第5回 意識と行動のギャップを埋める(環境行動の社会心理学からのアプローチ〜2段階モデル)
第6回 意識と行動のギャップを埋める(環境認知の変容)
第7回 意識と行動のギャップを埋める(目標意図と行動意図の関連)
第8回 意識と行動のギャップを埋める(行動評価の変容)
第9回 環境配慮行動を促すプロモーションの課題
第10回 広告とマーケティング
第11回 環境マーケティング-BMR ペルソナ
第12回 環境マーケティング-AIDMA-AISAS-SIPS
第13回 共感クリエーションCRM~コミュニケーションプランニング
第14回 共感クリエーション〜事例で見る
第15回 まとめ~共感クリエーションからコンテンツを考える
授業外学習の課題 内容に応じて授業前に実社会での状況について調べてくるように指示しますので準備してください。
授業後には、実際の取組について、その課題や今後の展開について調べて理解を深めてください。
履修上の注意事項 講義を通じて、実践的な、人々の環境意識を変革し、環境配慮行動を実践していくためのコミュニケーションを、ソーシャルメディアを使って創案してもらいますので、Web制作、Facebook制作をできるようにしておくこと。
成績評価の方法・基準 環境配慮型ライフスタイルを促すために制作するコミュニケーション(広告)60%、講義進行に合わせての課題レポート40%
テキスト 市場の更なるグリーン化に向けて(グリーン・マーケット+(プラス)研究会 とりまとめ)平成24 年1 月<環境省HP>
その他、授業の進行に伴い,適宜,参考文献・参考資料の紹介・配付を行う。
参考文献 田中範男「広告のことが面白いほどわかる本」中経出版(2010)
株式会社電通レイザーフィッシュ「共感クリエーション」ワークスコーポレーション(2013)
広瀬幸雄 (編集)『環境行動の社会心理学―環境に向き合う人間のこころと行動』(シリーズ21世紀の社会心理学11) 、北大路書房、(2008)
守口 剛, 竹村 和久「消費者行動論―購買心理からニューロマーケティングまで」八千代出版 (2012)
関谷直也「環境広告の心理と戦略」同友館(2009)
広瀬幸雄『環境と消費の社会心理学』名古屋大学出版会
杉浦淳吉『環境配慮の社会心理学』ナカニシヤ出版
藤井聡『社会的ジレンマの処方箋』ナカニシヤ出版
主な関連科目 環境教育概論,廃棄物資源循環論,環境と農林水産業,環境社会調査
オフィスアワー及び
質問・相談への対応
1. 質問・相談は、基本的に授業終了時に受け付けます。
2. コミュニケーションのコンテンツ制作に関する質問・相談は、SNSにても受け付けます。

■カリキュラム情報
所属 ナンバリングコード 適用入学年度 配当年次
人間環境学部人間環境学科(基幹科目環境社会系) 2007~2010 1・2・3・4
人間環境学部人間環境学科(基幹科目Ⅱ環境社会系) 2011~2016 3・4
人間環境学部人間環境学科(基幹科目Ⅱ環境社会系) FHES35201 2017~2017 3・4