授業コード 50002300 クラス
科目名 環境地理学 単位数 2
担当者 佐々木 緑 履修期 前期授業
カリキュラム *下表参考 配当年次 *下表参考

授業題目 環境地理学
Environmental Geography
授業の概要  「環境」は非常に多くの事象や要因が複雑に関連しており,また,その指し示す範囲が大きい。そのため,環境を対象にする場合,総合的観点が必要となる。一方,地理学は総合的基礎学問であり,従来,人間と環境の関係を中心として研究が行われてきたため,地理学は環境を考える際に非常に有効であるといえる。
 本講義では,環境に関わる地理学の基本的な物の見方,考え方を学び,地理学的視点から環境を捉えることのできる力を養う。具体的には,環境と人間が形作る環境との関係性に着目し,講義を進める。

 なお,本科目は基礎科目であり,本講義で地理学と環境の基礎を理解することで,他の科目の理解を促進させるものである。
学習の到達目標 地理学的視点から環境を捉えることができる能力を養う。
授業計画 第1回 以下の予定で進めるが,状況によって時間配分を変更することがある。
1.ガイダンス
第2回 2.地理学と環境(1)
第3回 3.地理学と環境(2)
第4回 4.都市と農村-人の住む形
第5回 5.都市と農村(2)
第6回 6.生活環境と頭の中の地図(1)
第7回 7.生活環境と頭の中の地図(2)
第8回 8.生活環境と頭の中の地図(3)
第9回 9.景観から読みとる(1)
第10回 10.景観から読みとる(2)
第11回 11.農業立地論から現代を考える(1)
第12回 12.農業立地論から現代を考える(2)
第13回 13.工業立地論から現代を考える(1)
第14回 14.工業立地論から現代を考える(2)
第15回 15.静脈産業の立地を考える
授業外学習の課題  授業前後に以下の文献に目を通しておくと,授業内容の理解が深まる。
第2回から第3回までは,
①三澤勝衛(1988)『風土産業』古今書院.
②和辻哲郎(2004)『風土』岩波書店.

第4回から第10回までは,
①高橋伸夫・田林明・小野寺淳・中川正(1995)『文化地理学入門』東洋書林.
②中川 正,神田 孝治,森 正人(2006)『文化地理学ガイダンス―あたりまえを読み解く三段活用』ナカニシヤ出版.

第11回から第15回までは,
①松原宏(2002)『立地論入門』古今書院.
履修上の注意事項 私語厳禁

【この科目は、地域イノベーションコース(2014年度以降生)対象科目にもなっています。】
成績評価の方法・基準 期末試験100%で評価する。
テキスト もしあれば地図帳を持参する。教科書は指定しない。講義ごとに資料を配布する。
参考文献 三澤勝衛(1988)『風土産業』古今書院.
和辻哲郎(2004)『風土』岩波書店.
高橋伸夫・田林明・小野寺淳・中川正(1995)『文化地理学入門』東洋書林.
主な関連科目 地理学,環境歴史学,環境と農林水産業,廃棄物資源循環論,都市・地域デザイン論
オフィスアワー及び
質問・相談への対応
授業終了後,質問・相談を受け付ける。

■カリキュラム情報
所属 ナンバリングコード 適用入学年度 配当年次
人間環境学部人間環境学科(基幹入門科目) 2007~2010 1・2・3・4
人間環境学部人間環境学科(基礎科目) 2011~2016 1・2・3
人間環境学部人間環境学科(基礎科目) FHES13111 2017~2017 1・2・3