授業コード 42032013 クラス 13
科目名 卒業論文 単位数 4
担当者 張 南 履修期 年間授業
カリキュラム *下表参考 配当年次 *下表参考

授業題目 経済統計分析の理論と応用(個人別テーマで卒業論文の作成)
授業の概要 ゼミナールⅡでの学習成果を踏まえて、ゼミナールⅢに進んだ段階で、各自が選んだ研究テーマについて、研究計画の立案、統計調査、データ処理、研究分析の実施を通じて、卒業論文をまとめる。作成の各段階において、本人の中間報告、最終報告を踏まえて検討する研究会形式に助言、指導を行う。報告・討論を重ねることにより、研究内容の深化を図るべくいっそうの努力が望まれる。
学習の到達目標 経済統計の見方、使い方及び作り方をよく理解できるようにする。
授業計画 第1回 卒業論文の通年計画は以下のとおりである。
1.論文の書き方Ⅰ
第2回 2.論文の書き方Ⅱ
第3回 3.論文の書き方Ⅲ
第4回 4.参考文献の輪読Ⅰ
第5回 5.参考文献の輪読Ⅱ
第6回 6.参考文献の輪読Ⅲ
第7回 7.研究テーマの検討と決定Ⅰ
第8回 8.研究テーマの検討と決定Ⅱ
第9回 9.研究テーマの検討と決定Ⅲ
第10回 10.統計データの収集と処理方法Ⅰ
第11回 11. 統計データの収集と処理方法Ⅱ
第12回 12. 統計データの収集と処理方法Ⅲ
第13回 13. 中間発表Ⅰ
第14回 14. 中間発表Ⅱ
第15回 15. 中間発表のまとめ
第16回 16. 論文作成の説明
第17回 17. 参考文献の輪読Ⅳ
第18回 18. 参考文献の輪読Ⅴ
第19回 19. 参考文献の輪読Ⅵ
第20回 20. 論文の検討と修正Ⅰ
第21回 21. 論文の検討と修正Ⅱ
第22回 22. 論文の検討と修正Ⅲ
第23回 23. 収集したデータの再整理と分析Ⅰ
第24回 24. 収集したデータの再整理と分析Ⅱ
第25回 25. 収集したデータの再整理と分析Ⅲ
第26回 26. 分析結果の検討
第27回 27. 分析結果の検討
第28回 28. 論文の最終発表
第29回 29. 論文の最終発表
第30回 30. 全体のまとめ
授業外学習の課題 SASやEViewsなどの統計処理ソフトの使い方を説明するが、授業以外の時間でも常に練習しておく必要がある。
履修上の注意事項 ゼミナールⅠ・Ⅱ・Ⅲと卒業論文は一貫して実施する。

卒業論文の体裁:
A4版紙、30字×35行、20頁前後(図表も含む)

【この科目は、地域イノベーションコース(2014年度以降生)対象科目にもなっています。】
成績評価の方法・基準 受講態度と研究発表と卒業論文の完成度により総合的に評価する。
テキスト 使用しない。必要に応じて、資料を配布する。
参考文献 張南『国際資金循環分析の理論と展開』ミネルヴァ書房
作間逸雄(2003)『SNAからわかる経済統計学』有斐閣
得津一郎・高橋秀世『SASでらくらく統計学』有斐閣
野宮大詩志郎等(2004)『SASプログラミングの基礎』ハーベスト社
朝野熙彦(1997)『入門多変量解析の実際』講談社
縄田和満『EViewsによる計量経済分析入門』
 朝倉書店
主な関連科目 統計学、経済統計学、計量経済学
オフィスアワー及び
質問・相談への対応
質問・相談があれば、授業後にも聞いてください。
或いは、以下の時間と場所へ来て下さい。

時間:毎週金曜日15時から16時まで
場所:第2研究棟408室

■カリキュラム情報
所属 ナンバリングコード 適用入学年度 配当年次
経済科学部経済情報学科(D群) 2007~2016 4