授業コード 42032012 クラス 12
科目名 卒業論文 単位数 4
担当者 井寄 幸平 履修期 年間授業
カリキュラム *下表参考 配当年次 *下表参考

授業題目 卒業論文
授業の概要 ゼミナールで学んだ内容を発展させ、各自でテーマを設定したうえで経済実験またはシミュレーションをおこない、結果をまとめて論文を作成する。
学習の到達目標 1.ゼミナールで学んだ内容をもとに現実社会の諸問題に興味関心を持ち、研究テーマとして理解を深めていくことができる。
2.問題の分析のために必要な実験またはシミュレーションを構築し、実施することができる。
3.文献調査および実験・シミュレーションの結果を適切にまとめ、研究成果として論文を作成できる。
授業計画 第1回 ガイダンス
第2回 テーマ選定・検討
第3回 テーマ確定・基礎モデル立案
第4回 情報収集、文献調査、論文作成要領指導(1)
第5回 情報収集、文献調査、論文作成要領指導(2)
第6回 情報収集、文献調査、論文作成要領指導(3)
第7回 情報収集、文献調査、論文作成要領指導(4)
第8回 モデル作成および分析・検討(1)
第9回 モデル作成および分析・検討(2)
第10回 モデル作成および分析・検討(3)
第11回 予備実験または基礎シミュレーション準備作業
第12回 予備実験または基礎シミュレーション実施
第13回 予備実験または基礎シミュレーション実施
第14回 中間報告と評価
第15回 補論
第16回 テーマ確定・実験計画またはシミュレーション計画立案
第17回 実験計画またはシミュレーション計画策定
第18回 論文骨子確定・実験またはシミュレーション詳細決定
第19回 被験者実験またはシミュレーション準備作業(1)
第20回 被験者実験またはシミュレーション準備作業(2)
第21回 被験者実験またはシミュレーション準備作業(3)
第22回 被験者実験またはシミュレーション実施(1)
第23回 被験者実験またはシミュレーション実施(2)
第24回 被験者実験またはシミュレーション実施(3)
第25回 被験者実験またはシミュレーション結果のまとめ
第26回 結果整理・分析・検討・論文執筆(1)
第27回 結果整理・分析・検討・論文執筆(2)
第28回 結果整理・分析・検討・論文執筆(3)
第29回 最終成果報告
第30回 補論・論文評価
授業外学習の課題 論文の進行状況に応じて関連分野の文献調査、実験・シミュレーションの実施準備、実施後の分析、論文執筆、成果報告準備をおこなう。
履修上の注意事項 原則としてゼミナールⅠ~Ⅳもあわせて履修すること。
実験の実施およびシミュレーション構築において若干名での共同作業を認めるが、互いの役割分担を明確にした上、論文は各自で作成する。

【この科目は、地域イノベーションコース(2014年度以降生)対象科目にもなっています。】
成績評価の方法・基準 中間報告(20%)・最終成果報告(20%)および提出された論文(60%)により評価する。
テキスト なし
参考文献 適宜指示する。
主な関連科目 ゼミナールⅠ~Ⅳ
オフィスアワー及び
質問・相談への対応
講義前後および講義中に対応する。
上記で対応しきれない場合にはメール等で日程調整のうえ、随時対応する。

■カリキュラム情報
所属 ナンバリングコード 適用入学年度 配当年次
経済科学部経済情報学科(D群) 2007~2016 4