授業コード 42030000 クラス
科目名 ソフトウェアⅡ 単位数 2
担当者 脇谷 直子 履修期 後期授業
カリキュラム *下表参考 配当年次 *下表参考

授業題目 ソフトウェアⅡ
授業の概要 ソフトウェアⅠで学んだ基礎的な知識を基に,より社会的かつ具体的な問題を考える講義である.
ソフトウェアが社会においてどのような役割を果たしているか,その重要性について考える.また開発プロセスおよびユーザの導入・運用プロセスにおいて,現実にどのような問題が生じているのかについて具体的に考え,問題解決ができるようソフトウェアに関連する社会的なテーマを広く紹介していく.
学習の到達目標 情報システムとソフトウェアに関する諸問題について理解し,キーワードを説明することができる.
授業計画 第1回 ガイダンス(情報システムとは)
第2回 大規模なソフトウェア
第3回 情報ネットワーク
第4回 情報システム調達
第5回 RFP(提案依頼書)
第6回 ユーザと開発者における問題
第7回 プロジェクトマネジメント
第8回 ソフトウェアとサービスの品質
第9回 システム運用・保守
第10回 情報セキュリティマネジメント
第11回 社会的影響
第12回 アクセシビリティとユーザビリティ
第13回 eビジネス
第14回 eガバメント
第15回 全体のまとめ
授業外学習の課題 授業外で行う予習復習は,基本的に以下の内容を想定している.なお,特別な場合は,授業中に説明する.

(予習)
提示された次回授業のテーマについて考えてくる.前もってキーワードを提示した場合は,意味を調べてくる.
(復習)
理解が不足していると思われる点は,重点的に復習しておく.中間テストを実施すると予告した週は,指定された範囲の復習を重点的に行う.
履修上の注意事項 履修にあたっては,コンピュータに関する一般的な知識を必要とする.ソフトウェアⅠを履修していることが望ましい.
自ら考え,理解することが重要である.

【この科目は、地域イノベーションコース(2014年度以降生)対象科目にもなっています】
成績評価の方法・基準 ミニレポート20%,中間テスト30%,定期試験50%で評価する.
ミニレポートは授業中に指示しその日の授業の最後に提出する(遠隔教育システムを利用する場合は別途説明する).
中間テストは授業中に1回実施する.

【参考】到達目標と成績評価基準との関係
到達目標は「情報システムとソフトウェアに関する諸問題についての理解」と「キーワードの説明」である.
成績評価においては,まず,単元毎に扱うテーマの主要な学習目標を達成しているかどうか,すなわち諸問題についての理解度をミニレポートを通じて評価する.また,前半に取り扱う内容については,資料持ち込み可の中間テストを通じて,諸問題やキーワードの理解度を総合的に評価する.最後に,すべての授業を通じて諸問題やキーワードの理解が説明可能なレベルで修得できているかどうかを,定期試験を通じて評価する.
テキスト 必要な資料はプリント配布,遠隔教育システムの利用などにより提供する.
参考文献 講義中に適宜,紹介する.
主な関連科目 ソフトウェアⅠ
オフィスアワー及び
質問・相談への対応
毎回,授業終了後に受け付ける.
ただし,特別な事情がある場合は相談に応じる.

■カリキュラム情報
所属 ナンバリングコード 適用入学年度 配当年次
経済科学部現代経済学科(H群) 2007~2016 3・4
経済科学部経済情報学科(C群) 2007~2016 3・4