授業コード 42029000 クラス
科目名 シミュレーション論Ⅱ 単位数 2
担当者 井寄 幸平 履修期 後期授業
カリキュラム *下表参考 配当年次 *下表参考

授業題目 シミュレーション論Ⅱ Simulation Theory II
授業の概要 シミュレーション論Ⅰで学んだ基礎的なシミュレーション手法をもとに、実際に現実社会の問題をモデル化し、シミュレーションを構築するための手順と実施方法、評価手法などを学ぶ。
また、機械学習法、マルチエージェントシミュレーション、人工社会モデルなどのシミュレーション研究の例、実証研究や実験経済学などの実験研究も紹介する。なお、必要に応じてノートパソコンを用いた演習をおこなう。
学習の到達目標 1.基礎的なシミュレーション手法を用いて現実社会のモデル化を行う手法を理解し、その内容を説明することができる。
2.様々なシミュレーションとその応用例に興味関心を持ち、内容を深く理解することができる。
3.自ら現実社会の問題をモデル化し、シミュレーションを構築・実施するとともにその内容を正しく評価し、かつ適切にまとめることができる。
授業計画 第1回 シミュレーションの応用
第2回 モデル化の手法
第3回 モデルの基礎数理
第4回 動的モデルの作成
第5回 ランダムウォーク
第6回 マルチエージェント・シミュレーション(1)
第7回 マルチエージェント・シミュレーション(2)
第8回 シミュレーションの構築
第9回 シミュレーションの実施
第10回 データの分類と数値処理(1)
第11回 データの分類と数値処理(2)
第12回 強化学習
第13回 カオスとフラクタル
第14回 経済実験とシミュレーション
第15回 まとめ
授業外学習の課題 毎回:授業前後に、講義で出題した演習問題の復習をおこなうこと。
PC使用時:PCを持参しなかった場合は、PC演習用課題を自宅もしくは情報演習室のPCでおこなう。PCを持参した場合は講義プリントの「別課題」を次回講義までにおこなう。PCを使用する回は事前の講義で周知する。
中間レポート:第9回講義終了後に中間レポート作成をおこなう。提出期限は出題から約1ヶ月とする。
履修上の注意事項 ノートパソコンを用いた演習をおこなうため、ノートPCを所持していることが望ましい。Microsoft Excelをインストールしておくこと。
ただし、PCを所持していなくても別課題を用意するので履修には差し支えない。
成績評価の方法・基準 講義への取り組みおよび毎回のミニレポート(30%)、中間レポート(20%)、期末試験(50%)により総合的に評価する。
テキスト なし(プリントを配布)
参考文献 伊藤俊秀・草薙信照 「コンピュータシミュレーション」(オーム社)
正司和彦・高橋参吉 「最新 モデル化とシミュレーション」(実教出版)
主な関連科目 シミュレーション論Ⅰ
オフィスアワー及び
質問・相談への対応
質問・相談は毎回の授業前後に受け付ける。
また、講義中に演習問題の時間を設けており、教員が教室内を巡回するのでその際にも個別の質問に対応する。

■カリキュラム情報
所属 ナンバリングコード 適用入学年度 配当年次
経済科学部現代経済学科(H群) 2007~2016 3・4
経済科学部経済情報学科(B群) 2007~2016 3・4