授業コード 42024500 クラス
科目名 法情報論Ⅰ 単位数 2
担当者 北原 宗律 履修期 前期授業
カリキュラム *下表参考 配当年次 *下表参考

授業題目 情報技術と法律 Information Law for 21st Century
授業の概要 「応用情報論」の一分野である「法情報論」を講義する.
概要:法情報論(Rechtsinformatik)は、データ処理の自動化(電子的データ処理)に関する法システムの構造と機能の理論である。構造的(内部的)局面は、法システムの構成要素内の情報的関係がどのように「自動化」(コンピュータ化)できるかという問題に関わり、法的情報システムと法的決定のアルゴリズム化の問題を含む。機能的(外部的)局面は、データ処理の自動化に関して全体システム(社会的部分システム)へ及ぼす影響の探求に関わり、データ保護法、情報法、情報通信法の問題を含む。
この1年間を通して取り組む課題として、「ビッグデータと個人情報・プライバシーの問題」を取り上げる。これについては、毎回、学生のレポート提出、学生の発表を求める。
方針:毎回、液晶プロジェクター、オーバー・ヘッド・プロジェクタ(OHP)、コードレスマイク、コンピュータを使用して、法情報論で扱われる具体的な諸問題をトピック的に取り上げ、学生諸君とインタラクティブに授業を進める。
学習の到達目標 1.社会システムの中で、法律システムの情報化が最も遅れている。その理由を解明すること。
2. 技術と法律の関係を、情報技術と情報社会法の関係から理解すること。
3. 倫理と法律の関係を、情報倫理と情報社会法の関係から理解すること。
授業計画 第1回 法情報学概論
第2回 法律と情報
第3回 法律情報システム
第4回 法律エキスパートシステム
第5回 行政機関の情報システム
第6回 行政情報化の推進
第7回 インターネットと法的問題
第8回 インターネット上の契約と決済
第9回 インターネット上の不法行為
第10回 情報社会の法律
第11回 技術・安全性・法律
第12回 情報技術と安全性
第13回 回 「情報社会法」
第14回 日本の「個人情報保護基本法」
第15回 個人情報保護の意義と限界
授業外学習の課題 1. 毎日、「法律と情報」「技術と情報」「情報社会」に関連する記事が新聞に載る。これを切り抜きとしてノートを作成すること。その日の授業のテーマと関係があれば、授業中に質問すること。
2. 第2テキスト「法情報論.PPT」の巻末に掲載の「Webテスト」を必ずやること。各章毎に問題が作成されているので、授業での該当章の終了後、自分の理解の確認のためである。
3. 「Webテスト」の解答・解説は「北原ゼミナール」に掲載されているので、そこで自分の解答の確認をすること。
履修上の注意事項 毎回、問題意識を持って授業に臨むこと。
中間試験は『情報社会の法律(改訂版)』の講義の後に実施する。時期は中頃を予定。
Webテストは『法情報学.PPT』の巻末のテストである。これは不定期で行う。
予習・復習がl不可欠である。事前に教科書を読んでいない学生は授業に出ても理解できないと思う。
勉強は「ネットワーク・コラボレーション・ツ-ル」を駆使することを勧める。
このツールについては、授業中でも説明する。

【この科目は、地域イノベーションコース(2014年度以降生)対象科目にもなっています】
成績評価の方法・基準 中間試験(30%)と学期末試験成績(50%)とWebテスト(20%)を併用して評価する。
筆記用具の指定は必ず守らなければならない。守らなければ減点する。投げやりな姿勢が見える答案も減点する。1点でも多く取ろうとする意欲がないとだめだろう。漢字誤字・ひらがな表現も減点する。
AA(5%), A(15%), B(40%), C(35%), D(5%)が基準である。
テキスト 北原宗律『法情報論』ふくろう出版2009年
北原宗律『法情報論.PPT』ふくろう出版2008年
北原宗律(改訂版)『情報社会の法律』創成社2016年
参考文献 北原宗律『情報社会論』ふくろう出版2007年。
北原宗律『情報環境メディア論』ふくろう出版2008年。
主な関連科目 「情報社会論」「情報環境論」「情報化社会と人間」
オフィスアワー及び
質問・相談への対応
1. 授業中に質問の時間を設けるので、その時に質問すること。
2. 電子メールで直接連絡すること。

■カリキュラム情報
所属 ナンバリングコード 適用入学年度 配当年次
経済科学部現代経済学科(H群) 2007~2016 3・4
経済科学部経済情報学科(C群) 2007~2016 3・4