授業コード 41030000 クラス
科目名 消費経済学Ⅱ 単位数 2
担当者 寺本 浩昭 履修期 後期授業
カリキュラム *下表参考 配当年次 *下表参考

授業題目 消費のマクロ分析
授業の概要 一国のGDPのうち、消費は、一番大きな項目である。 それゆえ、一国全体の経済を理解し、その動向を予測する場合、消費についての分析は、投資と同様、不可欠のものである。 消費のマクロ分析は、ケインズが始めたもので、それゆえ、本講義では、最初にケインズ経済学の体系の一部分を学ぶ。その上で、消費をマクロ的に分析する。この場合、種々の消費関数についての検討が中心となる。そして、その後、物価指数および物価の決定理論について学ぶ。本講義は、これらによって、消費動向、経済動向および物価についての理解を深めることを目的とする。
学習の到達目標 消費および経済の動向をマクロ経済学の分析手法を用いて理解できるようになること。
授業計画 第1回 第1部 消費関数論
ケインズ経済学
第2回 国民所得決定Ⅰ
第3回   〃      Ⅱ
第4回 乗数効果と消費性向Ⅰ
第5回   〃          Ⅱ
第6回 消費関数Ⅰ
第7回   〃   Ⅱ
第8回 消費関数の実証研究
第9回 相対所得仮説
第10回 流動資産仮説
第11回 ライフサイクル仮説
第12回 恒常所得仮説
第13回 第2部 消費に関するトピックス
物価 : 消費者物価指数と企業物価指数
第14回 新古典派の物価理論
第15回 ケインズの物価理論
以上に加え、適宜、消費に関係するトピックスも検討する。
授業外学習の課題 授業に関するプリントを配布するので、それについて予習すること。疑問点があれば、図書館等で調べておくこと。授業後は復習を行い、不明な点は担当者に直接質問をし、あるいは、図書館等で調べること。
履修上の注意事項 マクロ経済学の基礎的知識があることが望ましい。 授業には必ず出席すること。 受講生の質問を歓迎する。授業中の私語は厳禁である。
成績評価の方法・基準 学期末試験で評価する。授業中の私語は減点とする場合がある。
テキスト 使用しない。
参考文献 講義において、その都度、紹介するが、主に、
○中谷 巌「入門マクロ経済学」日本評論社
○伊藤元重「マクロ経済学」第2版、日本評論社
○チャールズ・I・ジョーンズ「マクロ経済学」Ⅰ・Ⅱ、東洋経済新報社
○福田慎一・照山博司著「マクロ経済学・入門」第5版、有斐閣アルマ
○J.M.ケインズ著、塩野谷祐一訳「雇用・利子および貨幣の一般理論」東洋経済新報社
等を用いる。
主な関連科目 マクロ経済学Ⅰ・Ⅱ
オフィスアワー及び
質問・相談への対応
授業中での積極的な質問を歓迎する。授業終了直前に質問の時間を設ける。授業後の休憩時間における質問・相談にも対応する。これらによっても質問の時間が不足する場合には、質問者と時間を調整し、別途決める日時に質問・相談に応じる。

■カリキュラム情報
所属 ナンバリングコード 適用入学年度 配当年次
経済科学部現代経済学科(C群) 2007~2016 3・4
経済科学部経済情報学科(H群) 2007~2016 3・4