授業コード 41029000 クラス
科目名 産業経済学Ⅱ 単位数 2
担当者 太田 耕史郎 履修期 後期授業
カリキュラム *下表参考 配当年次 *下表参考

授業題目 産業の経済分析 The Economic Analysis of Business and Industry
授業の概要 前半は産業経済学の伝統的なフレームワークの内、市場行動(conduct)―市場成果(performance)の関係を理論的に勉強します。また,後半は地域産業政策を実例を挙げて勉強します。
学習の到達目標 様々な企業行動を企業,消費者,さらには社会の見地から評価できること。
地域産業政策を理解できること。
授業計画 第1回 産業経済学Ⅰ,とりわけ垂直的統合の復習
第2回 垂直的取引制限1:再販価格維持,テリトリー制
第3回 垂直的取引制限2:専売店制,抱き合わせ①
第4回 垂直的取引制限3:抱き合わせ②
第5回 垂直的取引制限4:抱き合わせ③
その他の取引慣行1:価格差別①(第1種)
第6回 その他の取引慣行2:価格差別②(第2種・第3種)
第7回 地域産業政策1:地域経済の実態
第8回 地域産業政策2:産業政策の方策
第9回 地域産業政策3:地域産業政策の指針(1)
第10回 地域産業政策4:地域産業政策の指針(2)
第11回 地域産業政策5:事例①(デトロイト)
第12回 地域産業政策6:事例②(ピッツバーグ)
第13回 地域産業政策7:事例③(ミネアポリス/セントポール)
第14回 地域産業政策8:地域産業政策としての生活環境整備
第15回 第15回:全体の復習
授業外学習の課題 必要に応じてミクロ経済学のテキストを参照しながら、予習と復習をして下さい。
履修上の注意事項 Ⅰと同様、講義を単に聴講するのではなく、発表を通じた講義への積極的な参加を希望します。

【この科目は、地域イノベーションコース(2014年度以降生)対象科目にもなっています】
成績評価の方法・基準 試験の成績(90%)と平常点(10%)により総合的に評価します。
テキスト 1.(前半)プリントを配布します。
2.(後半)太田耕史郎『地域産業政策論』勁草書房.
参考文献 Viscusi,W.K., J.M.Vernon and J.E.Harrington, Economics of Regulation and Antitrust, 4th ed., The MIT Press.
Waldman,D.E. and E.J.Jensen, Industrial Organization: Theory and Practice, 3rd ed., Addison Wesley.
主な関連科目 経済分析入門Ⅰ、ミクロ経済学Ⅰ・Ⅱ
オフィスアワー及び
質問・相談への対応
質問はいつでも受け付けます(ただし、試験直前は除きます)。
分からない箇所をそのままにしないようにして下さい。

■カリキュラム情報
所属 ナンバリングコード 適用入学年度 配当年次
経済科学部現代経済学科(C群) 2007~2016 3・4
経済科学部経済情報学科(H群) 2007~2016 3・4