授業コード 41028500 クラス
科目名 産業経済学Ⅰ 単位数 2
担当者 太田 耕史郎 履修期 前期授業
カリキュラム *下表参考 配当年次 *下表参考

授業題目 産業の経済分析 The Economic Analysis of Business and Industry
授業の概要 産業経済学(=産業組織論)は「産業」を対象とした経済学です。IではSCPパラダイムと呼ばれる産業経済学の伝統的なフレームワークの内、主に市場構造(structure)─市場成果(performance)の関係を理論的・実証的に勉強します。
学習の到達目標 様々な産業の競争実態を把握し,それを社会的な見地から評価できること。
授業計画 第1回 イントロダクション
分析のフレームワーク,主要学派
第2回 完全競争市場
第3回 独占市場
第4回 寡占市場1: クールノー・モデル,ベルトラン・モデル,シュタッケルベルク・モデル
第5回 寡占市場2: 支配的企業モデル,屈折需要曲線の理論
第6回 寡占市場3: 寡占的協調1
第7回 寡占市場4: 寡占的協調2
第8回 参入障壁1: 参入障壁の要因(絶対的費用格差,規模の経済性,製品差別化)
第9回 参入障壁2: 参入阻止価格理論
第10回 参入障壁3: 非価格参入阻止戦略(生産能力,製品種類数)
第11回 参入障壁4: 新しい参入阻止理論
第12回 利潤率と市場構造
第13回 垂直的統合1:事例,諸理論(市場の失敗説など)
第14回 垂直的統合2:効果の分析①
第15回 垂直的統合3:効果の分析②
全体の復習
授業外学習の課題 必要に応じてミクロ経済学のテキストを参照しながら予習と復習をして下さい。
履修上の注意事項 産業経済学は応用ミクロ経済学であり、講義はミクロ経済学の基本的な知識を前提とします。講義を単に聴講するのではなく、発表を通じた講義への積極的な参加を希望します。

【この科目は、地域イノベーションコース(2014年度以降生)対象科目にもなっています】
成績評価の方法・基準 試験の成績(90%)と平常点(10%)により総合的に評価します。
テキスト 1.ロジャー・クラーク『現代産業組織論』多賀出版,修大生協
2.教材プリント
※プリントは特段の理由がない限り、配布し直すことはしません。
参考文献
主な関連科目 経済分析入門Ⅰ、ミクロ経済学Ⅰ・Ⅱ
オフィスアワー及び
質問・相談への対応
質問はいつでも受け付けます(ただし、試験直前は除きます)。分からない箇所をそのままにしないようにして下さい。

■カリキュラム情報
所属 ナンバリングコード 適用入学年度 配当年次
経済科学部現代経済学科(C群) 2007~2016 3・4
経済科学部経済情報学科(H群) 2007~2016 3・4