授業コード 41025500 クラス
科目名 地域経済論Ⅰ 単位数 2
担当者 齋藤 英智 履修期 後期夏季集中
カリキュラム *下表参考 配当年次 *下表参考

授業題目 地域の人口と産業
授業の概要 経済のグローバル化や地方分権などが叫ばれるなか、地域におけるさまざまな主体の活動に注目が集まる一方で、地域を取り巻く環境は日々変化し、少子化・高齢化や産業の空洞化、地方財政の逼迫など、多くの課題も抱えています。
この講義では、地域の人口規模や産業構造に関する統計・資料を用いて地域の特性をつかんだり、地域間の比較を行ったりしながら、地域の抱える問題への対応について考えます。また、都市形成や産業立地のメカニズムなど地域経済に関する理論・モデルも学びながら、地域の発展と人口・産業との関係やその重要性について考えます。
学習の到達目標 ・地域に関する諸問題を理解し、地域の発展要素を考察できるようになる。
・地域経済活性化のための諸方策について自らの考えをまとめられるようになる。
授業計画 第1回 ガイダンス:講義の進め方、注意事項
第2回 地域経済学とは何か
第3回 地域の課題
第4回 地域の人口
第5回 東京一極集中
第6回 都市と農村
第7回 コンパクトシティ
第8回 地域の産業
第9回 地産地消と6次産業化
第10回 地域経済循環
第11回 都市集中のメカニズム
第12回 経済立地
第13回 都市集積と都市の盛衰
第14回 地域の人口・産業と地域経済の活性化
第15回 全体のまとめ、授業アンケート
授業外学習の課題 授業においては、地域に関するデータをできるだけ多く紹介したいと思います。興味を持った内容に関するデータなどは復習の意味も含めて各自で再確認するようにしてください。
最終試験においては、関心のある地域についてのデータを調べてくることも必要となります。
履修上の注意事項 授業は、パワーポイントスライドの表示や板書を中心に進めますが、自筆でノートを取ることは必須です。なお、スライド、板書等の写真撮影は禁止します。

【この科目は、地域イノベーションコース(2014年度以降生)対象科目にもなっています】
成績評価の方法・基準 最終試験:55%、受講態度・質問用紙への記入(感想・質問等):45%によって総合的に評価します。
最終試験の受験は単位認定の必須条件とします。
受講態度・欠席などにより減点する場合があります。
テキスト テキストは使用しません。
参考文献 ・宮本憲一・横田茂・中村剛治郎『地域経済学』有斐閣、1990年。
・宮尾尊弘『現代都市経済学(第2版)』日本経済評論社、1995年。
・大友篤『地域分析入門(改訂版)』東洋経済新報社、1997年。
・黒田達朗・田渕隆俊・中村良平『都市と地域の経済学(新版)』有斐閣、2008年。
その他、授業中に適宜紹介します。
主な関連科目 地域経済論Ⅱ
オフィスアワー及び
質問・相談への対応
質問・相談等は、授業中の挙手、授業で配布する質問用紙への記入、あるいは、授業終了後(合間)の空き時間に行ってください。

■カリキュラム情報
所属 ナンバリングコード 適用入学年度 配当年次
商学部商学科(C群) 2007~2016 3・4
経済科学部現代経済学科(C群) 2007~2016 3・4
法学部国際政治学科(F群) 2007~2016 3・4