授業コード 41023500 クラス
科目名 国際経済学Ⅰ 単位数 2
担当者 矢野 貴之 履修期 前期授業
カリキュラム *下表参考 配当年次 *下表参考

授業題目 国際貿易論 International Trade
授業の概要 国際経済学のうち、財の国際取引を対象とする国際貿易を扱う。まず、国際貿易のパターンがどのように決まるのかについて学ぶ。さらに、国際貿易をめぐる政策が社会および経済に与える影響について学ぶ。
学習の到達目標 国際貿易の理論と貿易政策を理解することを目標とする。
授業計画 第1回 ガイダンス
ミクロ経済学の復習①:消費者行動
第2回 ミクロ経済学の復習②:生産者行動
第3回 ミクロ経済学の復習③:市場均衡
第4回 国際貿易の利益
第5回 比較優位の理論
第6回 ヘクシャー=オリーン・モデル①:諸仮定、生産要素量と生産量の関係
第7回 ヘクシャー=オリーン・モデル②:生産要素賦存と貿易パターン
第8回 ヘクシャー=オリーン・モデル③:生産要素価格と財価格の関係、国際貿易と生産要素価格の関係
第9回 産業内貿易:現状と理論
第10回 生産要素移動:海外からの直接投資
第11回 貿易政策①:関税
第12回 貿易政策②:補助金、数量割り当て
第13回 貿易政策③:戦略的貿易政策
第14回 経済統合
第15回 まとめ
授業外学習の課題 講義内容を修得するためにも復習すること、主要な参考文献などにある練習問題を自ら解くことが求められる。
履修上の注意事項 国際貿易論は応用ミクロ経済学の一分野なので、ミクロ経済学の復習を必要に応じてすること。

伊藤元重、2009、『入門経済学 第3版』、日本評論社の第1章から第9章(pp. 17-285)までは理解していることを前提として講義を進める。

【この科目は、グローバルコース(2014年度以降生)対象科目にもなっています。※ただし、一部の学部・学科では配当されていない場合があります。】
成績評価の方法・基準 期末試験(100%)で評価する。
テキスト 特定のテキストは用いず、講義資料を配布する。毎回の講義で、その内容について解説している参考文献を紹介する。
参考文献 国際経済全般
伊藤元重、2005、『ゼミナール国際経済入門(改訂第3版)』、日本経済新聞出版社。

国際貿易の理論
石川城太・菊地徹・椋寛、2013、『国際経済学をつかむ(第2版)』、有斐閣。
浦田秀次郎、2009、『国際経済学(第2版)』、日本経済新聞出版社。
若杉隆平、2009、『国際経済学(第3版)』、岩波書店。
P.R.クルーグマン他(山形浩生他訳)、2017、『クルーグマン国際経済学 理論と政策(原書第10版)上・貿易編』、丸善出版。
主な関連科目 経済分析入門I・II、経済数学入門I・II、ミクロ経済学I・II
オフィスアワー及び
質問・相談への対応
授業終了後に質問等を受け付ける。

■カリキュラム情報
所属 ナンバリングコード 適用入学年度 配当年次
商学部商学科(B群) 2007~2016 2・3・4
経済科学部現代経済学科(B群) 2007~2016 2・3・4
経済科学部経済情報学科(H群) 2007~2016 2・3・4
法学部法律学科 2007~2016 3・4
法学部法律学科 FLIP30310 2017~2017 3・4
法学部国際政治学科(C群) 2007~2016 3・4