授業コード 41009001 クラス 01
科目名 計量経済学Ⅱ 単位数 2
担当者 岡村 和明 履修期 後期授業
カリキュラム *下表参考 配当年次 *下表参考

授業題目 応用計量経済学 (Applied Econometrics)
授業の概要 経済理論は、関連する変数間の関係を整合的に説明することを目的とする。ただ経済理論だけでは、質的な傾向(法則)は示せても、具体的・量的な傾向について示すことは出来ない。経済理論を具体的なデータを用いて検証し、また検証を通じて新しい理論仮説の発展につなげることが計量経済学の主な目的である。
例えば、「消費税率を上げれば、歳入が増えるから財政再建に役立つ」といわれる。しかしながら、より具体的に「消費税率を5%上げれば何兆円の財政赤字を減らせるか」という点を明らかにするためには計量経済学の手法が必要になる。
計量経済学は、歴史的にも、経済理論を具体的に現実の経済に応用するために発展してきた。したがって、計量経済学は経済理論と並んで、進んだ経済分析をするための必須のツールとなっている。
この講義では、前期のⅠの内容を踏まえたよりアドバンスな分析手法を学び、各自が簡単な計量経済分析ができるようになるための実習を行う。最終的には、計量経済学を応用したレポートを各自作成してもらう。
学習の到達目標 EViewsを用いた、多様な計量経済分析ができるようになる。
授業計画 第1回 ガイダンス
第2回 EViews入門:EViews実習
第3回 EViews入門:練習問題を用いた演習
第4回 EViews入門:自身の課題設定に基づく実戦演習(1)
第5回 回帰分析の基礎:EViews実習
第6回 回帰分析の基礎:練習問題を用いた演習
第7回 回帰分析の基礎:自身の課題設定に基づく実戦演習(2)
第8回 重回帰分析:EViews実習
第9回 重回帰分析:練習問題を用いた演習
第10回 重回帰分析:自身の課題設定に基づく実戦演習(3)
第11回 系列相関, 不均一分散および多重共線性:EViews実習
第12回 系列相関, 不均一分散および多重共線性:練習問題を用いた演習
第13回 系列相関, 不均一分散および多重共線性:自身の課題設定に基づく実戦演習(4)
第14回 同時方程式モデル・操作変数法:EViews実習
第15回 レポート課題に向けた実戦演習
授業外学習の課題 1.ほぼ毎回、予習と復習を具体的に指示する。
2.期末レポートのウエイトが大きいので、後半段階では授業外で自らレポートのための学習・分析をすることが必須である。
履修上の注意事項 (1)各自で異なるレポート課題を決めるので、早めに自分のテーマを見つけること。
(2)当然のことであるが、期末のレポートは自分で作成したものに限る。これに反するものはゼロ点になるので十分に留意すること。
(3)教室の収容人数の関係で履修登録を70名で締め切る。
成績評価の方法・基準 4回の実戦演習レポート(40%)および期末レポート(60%)によって評価する。
テキスト 縄田 和満『EViewsによる計量経済分析入門 』(朝倉書店)
参考文献 山本拓・竹内明香『入門計量経済学―Excelによる実証分析へのガイド (経済学叢書Introductory) 』(新世社)
田中隆一『計量経済学の第一歩 実証分析のススメ』(有斐閣)
主な関連科目 計量経済学I、経済統計学I・II、マクロ経済学I・II
オフィスアワー及び
質問・相談への対応
1.講義の中で毎回、十分な質問時間をとる。
2.講義の最終段階では、個別にレポートの課題について質問・相談に十分な時間をかけて対応する。

■カリキュラム情報
所属 ナンバリングコード 適用入学年度 配当年次
経済科学部現代経済学科(A群) 2007~2016 3・4
経済科学部経済情報学科(A群) 2007~2016 3・4