授業コード 41008502 クラス 02
科目名 計量経済学Ⅰ 単位数 2
担当者 高橋 新吾 履修期 前期授業
カリキュラム *下表参考 配当年次 *下表参考

授業題目 計量経済学の基礎 (Basic Econometrics)
授業の概要 計量経済学は、経済学理論の命題をデータを用いて実証するための最も重要なツールです。経済学理論は二つの変数の間にある関連性の方向を示しますが、その関連性が実際のどれ程であるかを示すことはできません。たとえば、完全競争に基ずく理論においては、最低賃金の上昇は労働需要を抑制させますが、実際にその影響があるのか、また影響の大きさはどの程度であるかを示すことはできません。計量経済学を使えば、データをもちいて、このような問いに答えることができます。

本講義は、学部生向けの最初の計量経済学の授業であるので、計量経済学の最も基礎的なコンセプトである平均、分散、共分散、基礎的な確率理論、そして統計的検定の基礎知識を教授します。また、計量経済学IIにつながるように、回帰分析へのイントロダクションを行います。

本講義では、学部生向けの講義であることに留意しながら、やさしい説明に努めます。また毎回、Excelを用いた演習を行います。
学習の到達目標 計量経済学の基礎的なコンセプトを理論的そして直観的に理解できるようになり、かつエクセルを用いて基本統計を計算できるようになることを目指します。また、計量経済IIを理解するのに必要な統計的検定の基礎を理解することを目指します。
授業計画 第1回 データの分布、分布の偏り、分散、標準偏差
第2回 データの分布、分布の偏り、分散、標準偏差
第3回 2変数の関連性:散布図、共分散・相関係数
第4回 回帰分析へのイントロダクション
第5回 偶然をどう表すか―確率、確率空間
第6回 二変量の確率、同時確立分布、周辺確率、条件付確率、独立性
第7回 離散変数の確立分布、期待値と分散・標準偏差
第8回 この時点までに終わった項目に関して中間試験を行います
第9回 ベルヌーイ分布、二項分布
第10回 連続確率変数の確率分布、期待値、分散、標準偏差
第11回 正規分布とその応用
第12回 点推定:平均の推定値および、その確率分布
第13回 区間推定:「平均」の信頼区間
第14回 t-検定
第15回 2つの集団の平均の差のt-検定
授業外学習の課題 宿題を2回程度出します。また、宿題ではない練習問題も出しますので、テストの予習に使ってください。
履修上の注意事項 (1)毎回パワーポイント資料を作成し、これに沿って授業を行います。
(2)教室の収容人数の関係で履修登録を70名で締め切ります。
(3)本学部の「経済分析入門I,II」および「マクロ経済学I,II」程度の経済学の基礎知識を前提とします。
(4)クラスの進捗に応じて、スケジュール及び内容を適宜変更することがあります。
成績評価の方法・基準 中間試験40%、期末試験40%、宿題20%
テキスト 特に指定しません。パワーポイント資料に沿って授業を行い、授業中に練習問題を一緒に解きます。
参考文献 Newbold Carlson, and Thorne, 2013, “Statistics for Business and Economics”, Peason
東北大学統計グループ『これだけは知っておこう!統計学』(第3版)(有斐閣ブックス)
主な関連科目 数理経済学I・II、計量経済学II, マクロ経済学I・II, 経済統計学I・II
オフィスアワー及び
質問・相談への対応
毎回、時間中に十分な質問時間をとります。積極的に質問をしてください。

■カリキュラム情報
所属 ナンバリングコード 適用入学年度 配当年次
経済科学部現代経済学科(A群) 2007~2016 3・4
経済科学部経済情報学科(A群) 2007~2016 3・4