授業コード 41003501 クラス 01
科目名 経済分析入門Ⅰ 単位数 2
担当者 寺本 浩昭 履修期 前期授業
カリキュラム *下表参考 配当年次 *下表参考

授業題目 経済分析入門(ミクロ経済学入門)
授業の概要  経済活動において中心的な役割を果たすのは、消費者、企業および政府である。簡単に述べると、消費者は労働をして所得を得て、それを用いて種々の財やサーヴィスを購入し、日々の生活を営む。企業は資金を調達して労働者を雇用し、種々の原材料を購入し、生産設備を用いて、財やサーヴィスを生産し販売する。政府は、消費者や企業から税金を徴収し、種々の公共サーヴィスや社会保障等を提供する。
 消費者、企業、および政府は、経済において相互に作用し合い、種々の経済現象を引き起こす。ミクロ経済学は、このような経済現象を、多くの場合、需要と供給の概念を用いて分析する。その場合に重要となるのが、財やサーヴィスの価格である。需要と供給から価格がどのように決まるのか、そして、価格が企業の生産活動や消費者の消費行動にどのような影響を与えるのかを分析する。需要と供給はミクロ経済学の最も基本的な分析手法であり、これを学修することで多くの経済現象が解明される。
 授業においてテキストを用いる。必要に応じて、新聞記事から身近な経済問題を紹介し、それをミクロ経済学的に考える。
学習の到達目標 ミクロ経済学の分析手法を学び、身近な経済問題や、場合によっては、グローバルな経済現象の基礎的理解が可能になることを目標とする。
授業計画 第1回 ミクロ経済学とは
第2回 需要と供給
第3回 需要・供給分析の応用
第4回 需要曲線とは
第5回 需要曲線と消費者余剰
第6回 供給曲線とは
第7回 費用の構造と供給行動
第8回 利潤最大化と供給行動
第9回 市場と価格メカニズム
第10回 余剰分析
第11回 資源配分のゆがみ
第12回 市場競争と経済発展
第13回 独占と競争
第14回 市場の失敗
第15回 不確実性と不完全情報
授業外学習の課題 学期初めに、1~2か月かけて、テキストを簡単に通読しておくことが望ましい。また、各週の授業計画に対応する章を事前に学習しておくこと。そして、疑問点があれば、図書館等で調べておくこと。授業後は復習を行い、不明な点は担当者に直接質問をし、あるいは、図書館等で調べること。
履修上の注意事項 小テストを行う。授業には必ず出席すること。授業中の私語は厳禁である。

【この科目は、グローバルコース(2017年度生)対象科目にもなっています。※ただし、一部の学部・学科では配当されていない場合があります。】
成績評価の方法・基準 学期末試験の成績を中心にして、それに、小テストの成績も加えて総合的に評価する。学期末試験90%、小テスト10%。授業中の私語は減点とする場合がある。
テキスト 伊藤元重 著『入門経済学』第4版、日本評論社、2015年、3000円+税、修大生協
参考文献 講義の際に適宜指示する。
主な関連科目
オフィスアワー及び
質問・相談への対応
授業中での積極的な質問を歓迎する。授業終了直前に質問の時間を設ける。授業後の休憩時間における質問・相談にも対応する。

■カリキュラム情報
所属 ナンバリングコード 適用入学年度 配当年次
経済科学部現代経済学科(A群) 2007~2016 1・2・3・4
経済科学部現代経済学科(A群) FECE10101 2017~2017 1・2・3・4