授業コード 40009500 クラス
科目名 確率・統計入門 単位数 2
担当者 岡村 和明 履修期 後期授業
カリキュラム *下表参考 配当年次 *下表参考

授業題目 確率・統計を実践に応用する Applying the probability and statistics to practice
授業の概要 本講義では日常生活での意思決定に役立つ確率・統計の知識を学ぶ。
学習の到達目標 新聞の経済記事に掲載されている統計数字のうち60%以上理解し、活用できるだけの情報リテラシーを身につける。
授業計画 第1回 ガイダンス
第2回 確率とは?
第3回 確率の基本概念(1): 条件付き確率
第4回 確率の基本概念(2): 期待値、分散
第5回 いろいろな確率分布(1):二項分布、ポアソン分布、幾何分布
第6回 いろいろな確率分布(2):正規分布
第7回 中間試験、これまでの授業の振り返り
第8回 統計データの整理: 代表値(平均、分散、標準偏差)、ローレンツ曲線
第9回 推定
第10回 仮説検定
第11回 因果関係
第12回 経済指標の見方(1)GDP統計
第13回 経済指標の見方(2)日銀短観、景気動向指数、長期金利
第14回 経済指標の見方(3)購買力平価、失業率
第15回 経済指標を用いた分析
授業外学習の課題 日常的に統計数字に関するニュースやトピックスに関心を持ち、メディアやインターネットなどを通じて情報を得ることが望ましい。
履修上の注意事項 毎回、講義内容の理解度を確認するための小テストを課す。事前に資料をShudo Moodleにアップしておくので、あらかじめダウンロードして当日持参する事。
成績評価の方法・基準 中間テスト(40%)、期末レポート(60%)により評価する。
テキスト 使用しない。
参考文献 小針アキ宏『確率・統計入門』岩波書店
カイザー・ファング『ヤバい統計学』(CCCメディアハウス)
カイザー・ファング『ナンバーセンス』(CCCメディアハウス)
富山県統計調査課編『経済指標のかんどころ(2006年改訂23版)』
主な関連科目 統計学、経済統計学Ⅰ・Ⅱ
オフィスアワー及び
質問・相談への対応
毎回、時間中に十分な質問時間をとる。

■カリキュラム情報
所属 ナンバリングコード 適用入学年度 配当年次
経済科学部現代経済学科(F群) FECE10601 2017~2017 1・2・3・4