授業コード 40008500 クラス
科目名 特殊講義(デザイン思考) 単位数 2
担当者 佐藤 達男 履修期 後期授業
カリキュラム *下表参考 配当年次 *下表参考

授業題目 デザイン思考 Design Thinking
授業の概要 近年の社会や企業活動における問題の多くは、さまざま要素が複雑に絡み、正解は決してひとつではなく、多様な考え方を受け入れながら解決していかなければならない。デザイン思考は、このような問題を解決するためのアイデアを生み出し、イノベーションを起こす有効なアプローチとして注目されている。
本授業は、「問題発見」と「問題解決」のプロセスをワークショップを通じて体験することによって、デザイン思考の基本的な考え方を理解し、実践で活用できることを目的とする。
デザイン思考の考え方や手法は常に進化しており、授業では従来の手法だけではなく、UX(User Experience:顧客体験)、HCD(Human Centered Design:人間中心設計)などの最新の考え方を取り入れて進めていく。
学習の到達目標 デザイン思考の基本的な考え方を理解する。
効果的なグループワークを実践することができる。
デザイン思考の手法を使って問題解決を実践することができる。
授業計画 第1回 イントロダクション:デザイン思考とは
第2回 デザイン思考入門(1):共感
第3回 デザイン思考入門(2):問題定義
第4回 デザイン思考入門(3):創造
第5回 デザイン思考入門(4):プロトタイプ
第6回 デザイン思考入門(5):テスト
第7回 グループプレゼンテーション(成果発表)
第8回 デザイン思考ワークショップ(1)
第9回 デザイン思考ワークショップ(2)
第10回 デザイン思考ワークショップ(3)
第11回 デザイン思考ワークショップ(4)
第12回 デザイン思考ワークショップ(5)
第13回 デザイン思考ワークショップ(6)
第14回 デザイン思考ワークショップ(7)
第15回 グループプレゼンテーション(成果発表)
授業外学習の課題 必要に応じて予習および復習の課題を提示する。
グループワークで授業外で準備・検討などが必要な場合は、グループ内で調整して積極的に取り組むこと。
履修上の注意事項 ※指導および設備等の理由により履修人数制限を設ける。
 履修希望者が人数制限を超えた場合には履修選考を行う(第1回授業時に実施)
※授業計画は、履修者の人数、理解度などによって一部変更することがある。

グループワークが主となるので、グループへの積極的な参加・協力が重要である。

【この科目は、地域イノベーションコース(2014年度以降生)対象科目にもなっています。】
【この科目は、地域イノベーションコース(2014年度以降生)のPBL科目です。】
成績評価の方法・基準 講義およびグループワークへの取り組み50%、課題に対する成果50%をベースに総合評価する。
グループワークを中心に進めるので、欠席、遅刻、早退等は減点する。
テキスト 必要な資料を授業の際に配布する。
参考文献 必要に応じて授業中に紹介する。
主な関連科目 プロジェクトマネジメント論、マネジメントシステム論
オフィスアワー及び
質問・相談への対応
質問・相談は授業中および授業後に受け付ける。積極的に質問・相談する姿勢で授業に臨んで欲しい。

■カリキュラム情報
所属 ナンバリングコード 適用入学年度 配当年次
経済科学部現代経済学科(E群) 2007~2016 3・4
経済科学部経済情報学科(E群) 2007~2016 3・4