授業コード 40008300 クラス
科目名 特殊講義(海外インターンシップ) 単位数 2
担当者 佐藤 達男 履修期 後期授業
カリキュラム *下表参考 配当年次 *下表参考

授業題目 海外インターンシップ(海外現地視察)
授業の概要 本科目は,「実社会での実習体験」を中心にして講義が展開されるので,メインは「実習」である.
実習前の講義は,実習の心構え,諸注意を伝達し,実習に最低限必要な基礎知識を学ぶ.
実習後の講義は,報告会へ向けての準備を行う.

※ 講義・実習・報告会を含めて15回があてられる.
※ 実習前の講義については,授業計画の一部が変更されることがある.
学習の到達目標 海外と日本との働き方,考え方の違いなど,文化・習慣の異なる環境での仕事を体験する.
海外現地視察を通して,グローバルプロジェクトで何が重要になるのかを,現実のものとして捉える.
海外での実習を通じて,語学力を含むコミュニケーション力を向上させる.
授業計画 第1回 海外インターンシップの目的・全体の流れ・実習内容の説明
第2回 海外インターンシップに必要となる知識 その1
第3回 海外インターンシップに必要となる知識 その2
第4回 海外インターンシップ渡航事前説明
第5回 夏季休暇中の実習(9月初から9日間)その1
第6回 夏季休暇中の実習(9月初から9日間)その2
第7回 夏季休暇中の実習(9月初から9日間)その3
第8回 夏季休暇中の実習(9月初から9日間)その4
第9回 夏季休暇中の実習(9月初から9日間)その5
第10回 夏季休暇中の実習(9月初から9日間)その6
第11回 夏季休暇中の実習(9月初から9日間)その7
第12回 夏季休暇中の実習(9月初から9日間)その8
第13回 夏季休暇中の実習(9月初から9日間)その9
第14回 事後講義(海外インターンシップ報告書の作成等)
第15回 海外インターンシップ報告会
授業外学習の課題 実習前には誓約書の提出をする.実習終了の後,決められた形式にしたがった報告書の提出をする.また,報告会用のPower Pointによるコンテンツを作成する.事前講義に関しては,必要に応じて個別課題や宿題が課されることがある.充実したインターンシップ期間を過ごすためには重要となる.
履修上の注意事項 プロジェクトマネジメント論を履修し,受講していることが,本インターンシップへの参加要件となる.
ただし,過去に当該科目を受講した場合は,認める方針なので,具体的には問い合わせること.
成績評価の方法・基準 本人の提出する報告書(20%),報告発表会の内容(30%),受け入れ企業の評価(50%)等を総合して判定する.
テキスト 都度、配布する.
参考文献 必要に応じて紹介する.
主な関連科目 プロジェクトマネジメント論
オフィスアワー及び
質問・相談への対応
質問・相談の内容に応じて,問い合わせ方法を伝える.

■カリキュラム情報
所属 ナンバリングコード 適用入学年度 配当年次
経済科学部現代経済学科(E群) 2007~2016 3・4
経済科学部経済情報学科(E群) 2007~2016 3・4