授業コード 40008000 クラス
科目名 情報社会概論Ⅰ 単位数 2
担当者 北原 宗律 履修期 前期授業
カリキュラム *下表参考 配当年次 *下表参考

授業題目 情報社会の基礎 The Outlines of Information Society
授業の概要 この講義は、「情報社会」の未来論ではない。現実の「情報社会」を解明しようとしている。そういう意味では、情報社会を主体的に生きていくための「マニュアル」になるはずである。情報社会において、どういう問題が発生し、それらの問題をどのように解決するのかを、自ら考え、模索してもらいたい。
情報社会は,コンピュータ技術とネットワーキング技術を社会技術基盤とする技術社会である。技術は,一般的には,人の能力の拡張と拡大に一役買っている。そこで,このコンピュータ技術とネットワーキング技術の一つひとつが情報社会においてどんな意味を持っているのかを考えてもらいたい。
学習の到達目標 「情報社会の中で主体的に生きる」という意味を理解している。
社会で一般的に使用されている情報機器を不自由なく操作できる。
情報機器及び情報サービスの一つひとつが情報社会において持っている「意味」を理解できる。
授業計画 第1回  情報社会論序論
第2回  情報社会の成立と成長
第3回  情報社会の進展と成熟
第4回  情報社会における社会システム
第5回  情報社会の「光」と「影」
第6回  情報社会と生活
第7回  Webテスト/解答・解説
第8回  21世紀の情報社会
第9回  u-Jpan・2010年ユビキタスネット社会
第10回  2015年の情報社会
第11回  情報社会と情報公開
第12回  情報社会とデータ保護
第13回  情報財産の利用と保護
第14回  情報社会と犯罪
第15回  情報社会の倫理
授業外学習の課題 1. 毎日、「情報社会」に関連する記事が新聞に載る。これを切り抜きとしてノートを作成すること。その日の授業のテーマと関係があれば、授業中に質問すること。
2. 第2テキスト「情報社会論.PPT」の巻末に掲載の「Webテスト」を必ずやること。各章毎に問題が作成されているので、授業での該当章の終了後、自分の理解の確認のためである。
3. 「Webテスト」の解答・解説は「北原ゼミナール」に掲載されているので、そこで自分の解答の確認をすること。
履修上の注意事項 授業中でも情報機器を使用するので、毎時間持参すること。
成績評価の方法・基準 定期試験50%、Webテスト20%、中間試験30%として、総合的に評価する。
筆記用具の指定は必ず守らなければならない。守らなければ減点する。投げやりな姿勢が見える答案も減点する。1点でも多く取ろうとする意欲がないとだめだろう。漢字誤字・ひらがな表現も減点する。
AA(5%),A(15%),B(40%),C(35%),D(5%)が基準である。
テキスト 北原宗律「情報社会論」ふくろう出版2007年。
北原宗律「情報社会論.PPT」ムイスリ出版2007年。
北原宗律(改訂版)「情報社会の法律」創成社2016年。
参考文献
主な関連科目
オフィスアワー及び
質問・相談への対応
できるだけ、授業時間中に済ませておくこと。

■カリキュラム情報
所属 ナンバリングコード 適用入学年度 配当年次
経済科学部現代経済学科(H群) 2011~2016 2・3・4
経済科学部経済情報学科(C群) 2011~2016 2・3・4