授業コード 40007800 クラス
科目名 システム設計 単位数 2
担当者 溝下 博 履修期 前期授業
カリキュラム *下表参考 配当年次 *下表参考

授業題目 情報システムの企画・設計・開発・運用
授業の概要 企業等の情報システムのライフサイクル(構想から稼働を終えるまで)には、企画、開発、運用、保守などのプロセスがあります。
これらのプロセスを理解することは、情報システムを開発(提供)する側だけでなく、情報システムを調達し、利用する企業等にとっても重要です。それは、情報システムのライフサイクルにおいて関係者間の意思疎通を円滑にし、誤解や対立の防止に役立つからです。
この講義では、情報システムのライフサイクルのプロセス、つまりシステムの設計や運用、管理について講義や実習(課題の検討)をとおして理解を図ります。
学習の到達目標 情報システムのライフサイクルにおけるシステム設計やシステム運用、管理の概要を理解する。
授業計画 第1回 オリエンテーション
第2回 企画プロセス(1)
第3回 企画プロセス(2)
第4回 要件定義プロセス(1)
第5回 要件定義プロセス(2)
第6回 開発プロセス(1)
第7回 開発プロセス(2)
第8回 開発プロセス(3)
第9回 開発プロセス(4)
第10回 開発プロセス(5)
第11回 運用プロセス(1)
第12回 運用プロセス(2)
第13回 保守プロセス(1)
第14回 保守プロセス(2)
第15回 まとめ
授業外学習の課題 授業外での課題は特に設けませんが、授業で学習した用語や考え方に留意して専門書や専門誌、記事等に積極的にふれる機会を持って欲しい。
履修上の注意事項 企業等で利用されている情報システムの開発やIT業界に興味や関心のある人を対象とします。
成績評価の方法・基準 受講態度及び授業で行う課題の提出で評価する。
テキスト 独立行政法人情報処理推進機構ソフトウェア・エンジニアリングセンター(2010)『実務に活かすIT化の原理原則17ヶ条~プロジェクトを成功に導く超上流の勘どころ~』独立行政法人情報処理推進機構.
参考文献 情報処理推進機構ソフトウェアエンジニアリングセンター(2013)『共通フレーム2013~経営者、業務部門とともに取組む「使える」システムの実現~』オーム社.
主な関連科目
オフィスアワー及び
質問・相談への対応
質問や相談は基本的に授業中及び授業終了時に受け付けます。
URLリンク 実務に活かすIT化の原理原則17ヶ条

■カリキュラム情報
所属 ナンバリングコード 適用入学年度 配当年次
経済科学部現代経済学科(H群) 2011~2016 3・4
経済科学部経済情報学科(B群) 2011~2016 3・4