授業コード 40007112 クラス 12
科目名 基礎解析Ⅱ 単位数 2
担当者 久保 亮 履修期 後期授業
カリキュラム *下表参考 配当年次 *下表参考

授業題目 1変数関数の微分法
授業の概要 内容:1変数関数の微分法について扱います. 具体的には「極限」「微分の公式」「関数の微分」「微分の性質」について学習します.
形式:授業は原則として板書による「講義」形式で行います.
学習の到達目標 微分積分学を学ぶために必要な知識・技能を身につけることを目標とします. 具体的には次の3点です.
1.公式を用いて, の関数の微分を求めることができる.
2.関数の微分を利用して, そのグラフの概形を描くことができる.
3.基本的な公式について, それが成り立つ理由を説明することができる.
授業計画 第1回 極限(1):極限と連続関数
第2回 極限(2):微分係数と導関数
第3回 微分の公式(1):和・差・定数倍の微分
第4回 微分の公式(2):積・商の微分
第5回 微分の公式(3):合成関数の微分 (1)
第6回 微分の公式(4):合成関数の微分 (2)
第7回 関数の微分(1):対数関数の微分
第8回 関数の微分(2):対数微分法, 指数関数の微分
第9回 関数の微分(3):三角関数の微分
第10回 関数の微分(4):さまざまな関数の微分
第11回 微分の性質(1):グラフの傾きと極値
第12回 微分の性質(2):第2次導関数とグラフの凹凸
第13回 微分の性質(3):高次導関数
第14回 微分の性質(4):マクローリン展開
第15回 まとめ
授業外学習の課題 授業外の学習は主に「授業の復習」授業時間内で解けなかった演習問題は次の授業までに必ず解いて理解しておいてください.
履修上の注意事項 授業は原則として板書で行います. テキストは特に指定せず, 授業プリントを毎回配布します.
学生に望むこと:積極的に授業に参加してください. 授業に関係する疑問や建設的な意見は授業中でも大いに歓迎します. 一方で, 授業に関係のない私語は厳禁です.
成績評価の方法・基準 定期試験(80%), 演習発表(20%)によって総合的に評価します. またレポートを実施し, それを評価に含める場合があります.
テキスト 毎回プリントを配布します. テキスト(教科書)は特に指定しません.
参考文献 参考書も特に指定しませんが, 基本的な微分積分学の入門書で相性のよいものを手元に置いておくとよいと思います. 例えば以下を参考にしてください.
○ 矢野健太郎, 石原繁, 「基礎の数学 改訂版」, 裳華房.
○ 石川秀樹, 「経済学と経済学に必要な数学がイッキにわかる!!」, Gakken.
主な関連科目 基礎解析I
オフィスアワー及び
質問・相談への対応
オフィスアワー(確実に質問を受け付けられる曜日・時間)については初回に説明します.それ以外の時間でも, 可能な限り対応します. また, 授業に関係する疑問や建設的な意見は授業中でも大いに歓迎します.
URLリンク 授業用ホームページ

■カリキュラム情報
所属 ナンバリングコード 適用入学年度 配当年次
経済科学部経済情報学科(F群) 2007~2016 1・2・3・4
経済科学部経済情報学科(F群) FEEI10605 2017~2017 1・2・3・4