授業コード 40006600 クラス
科目名 計測・制御演習 単位数 2
担当者 生田 顕 履修期 後期授業
カリキュラム *下表参考 配当年次 *下表参考

授業題目 計測・制御の基礎と演習
授業の概要 今日、日常の電化製品から工場の機械装置に至るまで、コンピュータによる計測と制御が不可欠の技術となっている。本授業科目では、コンピュータ及び情報処理に関する基本的な知識・技術のうち、電気・電子工学の基礎、電気・電子計測の基礎、古典制御理論の基礎と応用などについて学ぶ。電気計測・制御に関する基礎的実験・実習を含む。
学習の到達目標 計測・制御技術の基礎とフィードバックの考え方について理解し説明できるようになる。
授業計画 第1回 (1)計測・制御の概要
第2回 (2)電気・電子工学の基礎(1)
第3回 (3)電気・電子工学の基礎(2)
第4回 (4)電気・電子工学の基礎(3)
第5回 (5)電気・電子計測の基礎
第6回 (6)電気・電子計測実験
第7回 (7)制御の基礎と効果
第8回 (8)制御系と伝達関数(1)
第9回 (9)制御系と伝達関数(2)
第10回 (10)様々な伝達関数(1)
第11回 (11)様々な伝達関数(2)
第12回 (12)ボード線図
第13回 (13)フィードバック制御系(1)
第14回 (14)フィードバック制御系(2)
第15回 (15)古典制御・現代制御・先端的制御の概論と授業総括
授業外学習の課題 (1)配布プリントおよびテキストの当該箇所を事前によく読んでおくこと。
(2)演習問題をこなし,次回に説明できるようにしておく。
(3)最終レポートは,各自に与えられた周波数伝達関数について,ボード線図(ゲイン線図,位相線図)を描いて提出する。
履修上の注意事項 電気計測・制御に関する基礎的実験・実習を含むため、履修人数の制限を行うことがある。また、教職科目でもあるため教職免許「情報」希望者を優先する。
成績評価の方法・基準 受講態度、小テスト、レポートなどにより総合的に評価する。
テキスト 制御:竹下光夫・鷲野翔一著
    「わかりやすい制御」オーム社 修大生協
プリントも併用
参考文献 狩野連夫、「はじめて自動制御を学ぶ人のために」、オーム社
(参考書などについて、授業の初日に説明予定)
主な関連科目 マルチメディア演習
オフィスアワー及び
質問・相談への対応
授業開始時に短時間の質問時間を取る。

■カリキュラム情報
所属 ナンバリングコード 適用入学年度 配当年次
経済科学部経済情報学科(E群) 2007~2016 2・3・4