授業コード 40006407 クラス 07
科目名 ゼミナールⅣ 単位数 2
担当者 佐藤 達男 履修期 後期授業
カリキュラム *下表参考 配当年次 *下表参考

授業題目 プロジェクトマネジメントゼミナールⅣ Project Management Seminar 4
授業の概要 現代社会は、高度・複雑化し、市場環境や要求の変化のスピードは著しく、問題は多様性を極めている。このような時代背景を踏まえて、企業や社会活動におけるさまざまな問題を解決し新たな価値を創造するための手法として、本ゼミナールではプロジェクトマネジメントを研究する。

※ゼミナールⅣでは、各自が設定した研究テーマを完成させ、その結果を最終成果としてプレゼンテーションする。
学習の到達目標 プロジェクトマネジメントに関連して各自が研究テーマ設定し、調査研究のプロセスに則って研究を進めていくことができる。
研究成果を完成させ、最終成果をプレゼンテーションすることができる。
授業計画 第1回 研究目標および進捗状況の確認
第2回 研究報告(プレゼンテーション)および議論(1)
第3回 研究報告(プレゼンテーション)および議論(1)
第4回 研究報告(プレゼンテーション)および議論(1)
第5回 研究報告(プレゼンテーション)および議論(2)
第6回 研究報告(プレゼンテーション)および議論(2)
第7回 研究報告(プレゼンテーション)および議論(2)
第8回 研究報告(プレゼンテーション)および議論(3)
第9回 研究報告(プレゼンテーション)および議論(3)
第10回 研究報告(プレゼンテーション)および議論(3)
第11回 研究発表(ゼミ内発表会)
第12回 研究成果の最終整理(1)
第13回 研究成果の最終整理(2)
第14回 研究成果の最終整理(3)
第15回 研究総括
授業外学習の課題 授業外学習を含めて、各自が設定した研究テーマに対して真摯に取り組むこと。
履修上の注意事項 授業計画は、ゼミナール全体および各自の進捗状況などによって内容を変更することがある。
ゼミナールⅢの単位を取得済であることを必須とする。
卒業論文の履修を必須とする。

【この科目は、地域イノベーションコース(2014年度以降生)対象科目にもなっています。】
成績評価の方法・基準 授業への積極的参加、プレゼンテーションの出来栄えおよび提出課題の内容をベースに総合評価する。
テキスト 必要な資料は授業の際に配布する。
参考文献 必要に応じて授業の際に紹介する。
主な関連科目 ゼミナールⅠ・Ⅱ・Ⅲ、プロジェクトマネジメント論、マネジメントシステム論、特殊講義(デザイン思考)
オフィスアワー及び
質問・相談への対応
授業中および授業終了後に受け付ける。積極的に質問・議論する姿勢で授業に臨んで欲しい。
授業外は電子メール等で受け付ける。

■カリキュラム情報
所属 ナンバリングコード 適用入学年度 配当年次
経済科学部経済情報学科(D群) 2007~2016 4