授業コード 40006404 クラス 04
科目名 ゼミナールⅣ 単位数 2
担当者 角谷 敦 履修期 後期授業
カリキュラム *下表参考 配当年次 *下表参考

授業題目 プログラミング応用
授業の概要 ゼミナールⅠ-Ⅲで身に着けたことを基礎として、より高度なプログラミング技法を身につけてゆくことにします。さまざまな現象のシミュレーションを行うプログラムや人工知能の開発等を行うこともあります。プログラミングをする際に、論理的にアルゴリズムを考えていく姿勢も身につけていくようにしたい。
学習の到達目標 問題を解決するためのアルゴリズムを考え、適切なプログラムを作成できるようになる
授業計画 第1回 テーマの確認
第2回 それぞれのテーマに沿って、必要な事項の学習および演習を行う
第3回 それぞれのテーマに沿って、必要な事項の学習および演習を行う
第4回 それぞれのテーマに沿って、必要な事項の学習および演習を行う
第5回 それぞれのテーマに沿って、必要な事項の学習および演習を行う
第6回 それぞれのテーマに沿って、必要な事項の学習および演習を行う
第7回 それぞれのテーマに沿って、必要な事項の学習および演習を行う
第8回 それぞれのテーマに沿って、必要な事項の学習および演習を行う
第9回 それぞれのテーマに沿って、必要な事項の学習および演習を行う
第10回 それぞれのテーマに沿って、必要な事項の学習および演習を行う
第11回 それぞれのテーマに沿って、必要な事項の学習および演習を行う
第12回 それぞれのテーマに沿って、必要な事項の学習および演習を行う
第13回 それぞれのテーマに沿って、必要な事項の学習および演習を行う
第14回 それぞれのテーマに沿って、必要な事項の学習および演習を行う
第15回 後期のまとめ
授業外学習の課題 授業最後に出される課題に次回の講義までに取り組んでおいてください。次回の学習に必要な参考文献はよく読んでおいてください。プログラム言語の学習は、自主的に進めておいてください。
履修上の注意事項 情報処理ⅠまたはⅡ、情報数学ⅠまたはⅡを履修し、少なくとも1つの科目の単位を修得できていることが望ましいです。

【この科目は、地域イノベーションコース(2014年度以降生)対象科目にもなっています。】
成績評価の方法・基準 課題、ゼミに対する取り組み姿勢等により評価します。
テキスト 必要に応じて指示する。
参考文献 必要に応じて指示する。
主な関連科目 ゼミナールⅠ、ゼミナールⅡ、ゼミナールⅢ、卒業論文
オフィスアワー及び
質問・相談への対応
質問・相談は、基本的に授業の終了時に受け付けます。

■カリキュラム情報
所属 ナンバリングコード 適用入学年度 配当年次
経済科学部経済情報学科(D群) 2007~2016 4