授業コード 40006314 クラス 14
科目名 ゼミナールⅢ 単位数 2
担当者 張 南 履修期 前期授業
カリキュラム *下表参考 配当年次 *下表参考

授業題目 経済統計の理解とEViewsによる多変量解析の応用
授業の概要 ゼミⅠとゼミⅡの勉強を通じて、基礎的な統計学の理論と処理方法の理解がよくできていると思われる。そこで、ゼミⅢでは、Eviewsによるデータ処理の方法を学び、国際資金循環を実証分析の対象として、多変量統計処理の操作能力、及び分析能力を更に高めていく。また、このゼミ進行の方針はそれぞれの興味と個性を活かして自主的勉強を貫いていくことである。
学習の到達目標 パソコンの普及とインターネットの爆発的な利用は経済統計の転達の質と量を飛躍的に高め、伝統的経済統計方法を大きく変革している。本ゼミは統計調査の方法、経済分析に必要な統計データのまとめ方、及び様々な経済統計利用及び統計分析の方法論を含んでいる。その中に特にSASとEViewsなどの統計処理ソフトを使って、実際の経済問題を結び付けて、多変量統計データの処理技能をよく身に付けることは、本ゼミの主要な目標である。
授業計画 第1回 内容は概ね以下の順で授業を進める。
第1回 主な内容の説明とゼミ活動の予定
第2回 第2回 EViews入門:データの読み込みと保存
第3回 第3回 EViews入門:グラフの作成
第4回 第4回 EViewsによる経済データの処理と季節調整の方法
第5回 第5回 単位根の概念と単位根検定
第6回 第6回 EViewsによる単位根検定
第7回 第7回 単純回帰分析とEViewsによる操作方法 Ⅰ
第8回 第8回 単純回帰分析とEViewsによる操作方法 Ⅱ
第9回 第9回 国際資金循環の概念と分析手法
第10回 第10回 日本の対外資金循環の記述統計分析 Ⅰ
第11回 第11回 日本の対外資金循環の記述統計分析 Ⅱ
第12回 第12回 日本の対外資金循環の記述統計分析 Ⅲ
第13回 第13回 日本の対外資金循環の統計推計 Ⅰ
第14回 第14回 日本の対外資金循環の統計推計 Ⅱ
第15回 第15回 まとめとレポートの作成
授業外学習の課題 SASやEViewsなどの統計処理ソフトの使い方を説明するが、授業以外の時間でも常に練習しておく必要がある。
履修上の注意事項 ゼミナールⅠ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳと卒業論文は一貫して実施する。
無届けの欠席のないように注意すること。

【この科目は、地域イノベーションコース(2014年度以降生)対象科目にもなっています。】
成績評価の方法・基準 受講態度20%、研究発表30%、レポート50%で評価する。
テキスト 張南、『国際資金循環分析の理論と展開』ミネルヴァ書房, 2006
参考文献 縄田和満(2009)『EViewsによる計量経済分析入門』朝倉書店
作間逸雄(2003)『SNAからわかる経済統計学』有斐閣
張南(1999)『統計学の基礎と応用』中央経済社
主な関連科目 統計学、経済統計学、計量経済学
オフィスアワー及び
質問・相談への対応
質問・相談があれば、授業後にも聞いてください。
或いは、以下の時間と場所へ来て下さい。

時間:毎週金曜日15時から16時まで
場所:第2研究棟408室

■カリキュラム情報
所属 ナンバリングコード 適用入学年度 配当年次
経済科学部経済情報学科(D群) 2007~2010 4
経済科学部経済情報学科(D群) 2011~2016